総合トップ > わたしたちについて > スタッフブログ > ネイチャーゲームとSDGs






スタッフブログ
ネイチャーゲームとSDGs

こんにちは、ネイチャーゲームリーダー歴5ヶ月の高橋です。

先日、「2030SDGs」というカードゲームの体験会に参加しました。このゲームは、「なぜSDGsが私たちの世界に必要なのか」「それがあることによってどんな変化やメリットがあるのか」を体験的に理解できるというものなのですが、これは本当によくできているなぁ〜と思いました。ゲーム前半ではルールに関する説明が少なく、みんな手探り状態でゲームを始めます。しかし、後半になると「こういった視点がゲームクリアには必要なんだ!」という気づきを参加者自らが感じるという仕組みになっているのです。


今まで遠い存在だった「SDGs」をすぐ目の前のこととして捉えられるようになった良い機会でした!みなさんにも体験してほしいです。


IMG_20170726_185424.jpg

さて、ここからはネイチャーゲームとSDGsについて考えてみたいと思います。

まだまだ勉強中なので、もし間違った情報があったらごめんなさい。詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことで、2015年から2030年までの15年間で達成すべき17の目標が設定されています。SDGsは2001年から2015年までの15年間で達成する目標であったMDGs「ミレニアム開発目標(Millennium Development Goals)」の後継として策定されています。


SDGsとMDGsの大きな違いを以下に記します。

1, SDGsは発展途上国だけでなく先進国にも、自国での取り組みが求められる普遍的な目標である。

 → 他人事ではなく、私たち日本人も取り組むべき目標なんです!

2, 目標達成には政府だけでなく、民間セクター、非政府組織(NGO)、学術機関など、複数の当事者が責任を負っています。

 → あらゆる関係団体がそれぞれの役割で目標達成のための協力をする必要がありますね!

3, MDGsが主眼に置いていた途上国の貧困や教育の改善といった人間開発分野に加えて、SDGsでは経済・社会、そして環境問題の解決に向けても目標設定がされています。

 → 環境問題ならば私たちにも何かできるかも!?

ということで、ネイチャーゲームリーダーの私たちに何ができるのかを考えてみます。SDGsの目標の中でも特に、「14.海の豊かさを守ろう:海と海洋資源を守り、持続可能な利用を促進する」と「15.陸の豊かさも守ろう:陸の生態系を保護し、森林の持続可能な管理、生物多様性の喪失を止める」は環境問題に関することで、ネイチャーゲームを利用した環境教育の中で体験的に提案できるのではないでしょうか?
例えば、「食物連鎖」や「森の設計図」といったアクティビティは、アクティビティを通じて、また指導者からの振り返りを通じて「生態系の持続可能な付き合い方」を考えるきっかけになりますよね。また上記したネイチャーゲームに限らず、指導者がSDGsの目標を意識した声かけをすることで、参加者の意識にもいくらか影響を与えることができると思います。


ネイチャーゲームとSDGsについて、まだまだ思案中。
ご意見やご提案がある方、ぜひお聞かせください!


17年08月08日 投稿者:つな コメント(0) 
コメント投稿

TOP