総合トップ > わたしたちについて > スタッフブログ > 自然を楽しむ・自然から学ぶ > リアル『おおきな木』(絵本)!?






スタッフブログ
リアル『おおきな木』(絵本)!?

こんにちは。岩澤です。

6月6日に雨ザーザー降ってきて〜♫関東も梅雨に入りました。
日焼けの心配をせずに済むのは、なんともありがたいです。

私が仲間とともに活動しているメインフィールド、東京都稲城市の城山公園。
以前から、キツツキの穴ウォッチングポイントだった木があるのですが、
いよいよ枝が折れ、幹そのものも倒れそうになったため、
公園を管理しているいなぎグリーンウェルネス財団に連絡をしました。

すると、即出動してくれました!

6_6uro.jpg確認に行くと、綺麗に切り株になっていました。

真ん中に、ぽっかりと穴が・・・

覗き込むと....なんと!!!!
住人が!




6_6hebi.jpg
アオダイショウでしょうか?
可愛い!
つぶらな瞳がたまらない!
本当に、とぐろを巻くのですね。


そして、皆さん、彼?の下を見てください!
なんとなんと!!蜂の巣が!

木は枯れても、切り株になっても
自然界に身を与え続けているんだなあと思うと、
ふと、大好きな絵本を思い出しました。








6_6okinaki_2.jpg

『おおきな木』シェル・シルヴァスタイン著
 です。
ちなみに、この本、私の大好きな村上春樹さんも翻訳したので、
2冊持っています!




間近にリアルな「おおきな木」を見て、
ただただ自然ってすごい!と思いました。


18年06月06日 投稿者:ひとみん コメント(0) 
コメント投稿

TOP