総合トップ > わたしたちについて > わたしたちの取り組み > 【復興支援】西日本豪雨支援活動






【復興支援】西日本豪雨支援活動

2018年7月に発生した西日本豪雨では広範囲にわたる激しい雨によって、各地で川の氾濫、崖崩れ等が発生し大きな被害をもたらしました。特に広島や岡山、愛媛での被害は甚大で、1年半以上が経過した今もなお多くの方が仮設住宅、町有住宅等での不自由な生活を余儀なくされています。
災害発生から約半年後、広島県シェアリングネイチャー協会有志、山口県シェアリングネイチャー協会有志が中心となり、2019年3月、広島県内で特に被害の大きかった坂町小屋浦地区の町有住宅を会場に「全国銘菓お茶っこ広場」をスタートしました。被災者の方に寄り添うお茶の時間を設け、町有住宅でのコミュニティ支援を続けています。


ochakkologo.jpg

TOP