総合トップ > わたしたちについて > スタッフブログ

コメント一覧






スタッフブログ
2013年9月の記事一覧

 イノッチです。

今朝、散歩の途中でバッタが死んでいるのを見つけました。

体の特徴から推察するとどうやらショウリョウバッタのようです。

ひき逃げの犯人はクルマか自転車、あるいはヒトが踏んずけた可能性も

捨てきれません。

P9012063.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒトの交通事故死は新聞やテレビで報道されます。

先日はイリオモテヤマネコの交通事故死の記事が新聞に載っていました。

でもでも、バッタが交通事故に遭ってもなんの報道もされません。

一シーズンに一体どれだけのバッタ(虫)の交通事故死があるのでしょうか?

クルマがほとんどなかった100年前には少なくとも交通事故死はなかったでしょう。

そう思うと、小さな生きもの達にとって人がつくったクルマ社会はホントに

恐ろしい魔物に見えるでしょうし、そのクルマに乗っている私はその罪深さを

否が応でも背負わされています。

 

このバッタ、子孫を残した後の事故なら少しは気持ちが楽になるのですが、、、。

                              〈合掌〉


13年09月02日 投稿者:イノッチ コメント(0) 

 こんにちは

イノッチです。

 

夏休みに南米に行った際、珍しい“蝶”に出会いました。

蝶マニアの方はご存知だと思いますが、体に88の模様をつけた

蝶です。

名前を調べると、そのまま“ウラモジタテハ”という仲間の蝶で、

88以外にも89や80の模様の蝶もいるそうです。

飛んでいる時には黒っぽく見えるのですが、止まると白地の中に88の

模様がクッキリと見えます。

カメラ片手に10分ほど追いかけましたがなかなか止まってくれず、

半ば諦めかけたときに、なななんと、私のポシェットに止まったのです。

ラッキーでした、幸運でした。

高鳴る胸を押さえつけ、カメラをマクロモードにしてユックリ、そーっと

蝶に近づけて、“パチリ”!

その写真がこれです。

P8221448.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

どうです! ピントもバチリで、88の模様がハッキリと見えるでしょう(自慢)

 

さて、この蝶との出会いはさらに続きます。

イグアスの滝を見た帰り、またまたこの蝶が私の近くを飛び回り、驚いたことに

私の右手人差し指に止まったのです。

チョットチョット待ってよ! 指に止まってくれたのはサイコーの幸せだけど、

どうやって写真撮るのよ!

しかし、落ち着いて左手でカメラを持ち、右手に注意を払いながら左手1本で

苦労して撮った写真がこれです。

P8221503.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

さっきの蝶より少し色が薄いですが、88の模様はハッキリ見えます。

南米の蝶にこんなに好かれるなんて、なんだかとっても嬉しいですね。

帰国してからも蝶のほっそーい足の感触が指にまだ残っていて、

時々思い出しては、右手の指に“フーッ”と息を吹きかけています(???)。

 

 

 


13年09月02日 投稿者:イノッチ コメント(0) 
 

TOP