TOP

ライフスタイル
見上げてごらん
空を見上げ、空とつながり、空と自分だけの時間を過ごす。
そのきっかけをくれたのはUFOでした。
きっかけはUFO

お化けは苦手なんだけど、
ネッシーや古代文明、超能力など
サブカルチャー的な話題は大好きで
特に未知の知的生命体にはとても興味があり
彼らが乗っているUFOには憧れに近い思いがあり、
いつか見たいとずっと強く願っていました。

まあ強く願ったからと言って
ホイホイすぐに見れるというものでもないらしく
その願いは未だに叶えられていない。

ある日のこと
ミステリーを特集したTV番組に
「UFOをよく見る」という人が出ていた
そして、その人がこんなことを言ったのです。


UFOを見れないのは、空を見上げないからだ。


衝撃でした。
なんでこんな当たり前のこと気づかなかったんだろうって
普段空なんか見上げてないよなって。
そりゃあUFO見れないよなって。

いろいろな空があった

こんなきっかけから
空を意識するようになりました。

まず気づいたことは
街の中にもいろいろな空があること

遠い地平線につながるどこまでも広い空には出会えないけど
自分の部屋から見える建物に区切られたいびつな形の狭い空
職場の裏のちょっと高台になる場所から見える広い空
ビルとビルの谷間の路地から見える細長い空
地下から地上に向かう階段を登るにつれて、だんだんと形を変えて見えてくる空

そんな空と会うことができる。

201908sora_w2.jpg


どの空も個性的で
その時々で
青色だったり灰色だったり
雲を浮かべていたり
鳥が横切ったりと
そのときにしかない一瞬を楽しませてくれます。



201908sora_w3.jpg

地球規模のドラマを感じる

201908sora_w4.jpg


大きく天候が崩れるタイミングでは
猛スピードで流れ行く迫力のある真っ黒な雲の行進や
稲光や雷鳴、風で激しく吹き飛んでいく木の葉
そして、雨上がりには虹のご褒美を見せてくれることもある。


201908sora_w5.jpg


そんな地球規模のドラマを
見せてくれるのが空

見上げれば誰の頭の上にも
必ずあるのが空

手は届かないけれど

もっとも身近にある自然
それが空

そんな風に思うようになった。

空とつながる

心がモヤモヤしている時
私は空を見上げることにしています。

わずかな時間でもかまわない。

まわりの音が邪魔な時は、
イヤホンをして
周りのノイズをシャットアウトするのも有効。

201908sora_w6.jpg

空と自分だけの時間を過ごす
ゆっくりと息を吸って
ゆっくりと息をはく


呼吸だけを意識して
後は何も考えず
空と自分だけの時間を過ごす。

ただそれだけ。

ただそれだけで
心が静かに落ち着いてくる
穏やかになれる。

疲れた時
息詰まった時
ひとりになりたい時
こんな心の深呼吸をしてみるといい。

空という自然からエネルギーをもらえるはず
おすすめします。



渡辺 峰夫 わたなべ みねお
公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会 事務局長

最近はどっぷりと深い自然よりも、都市と隣り合わせている自然の姿が好きになってきて、特に、コンクリートの割れ目でもたくましく生きる植物や、使われなくなった人工物を飲み込んでいくような自然の姿にうっとりしている。
watanabemineo01.jpg