TOP

ライフスタイル
マジックアワーで感動的な一瞬を!
ダイナミックな空の変化を楽しむことができる「マジックアワー」。
黄昏時の一瞬をカメラで切り取ってみました。
ダイナミックな空の変化を楽しむ!マジックアワー

私はカメラが趣味なので、カメラをぶらさげてあっちこっちボーッとするのが好きです。



特に夕暮れ時。



「たそがれ時」ともいうこの夕方の時間。



ちなみに、「たそがれ」というのは、昼間の明るさがだんだんなくなり、辺りが暗くなりはじめ、すれ違う人の顔も見えにくくなりつつある時間帯で「あなた誰?」が「誰そ彼?」となったという言葉。



「たそがれ」ってなんともロマンチックな言葉だと思いませんか?



写真が好きな人は皆知っていますが、この時間を「マジックアワー」と呼んで、1秒1秒空の色が変わってくるダイナミックな数分間として気に入られています。



私もこのマジックアワーが大好き!



夏の退勤時は協会を出る時はまだ明るく、あっちこっち寄って家に着く頃にはすっかり暗くなっているので、どこかでこのマジックアワーを通り過ごすのですが、ちょうどよい頃に「あ〜、今頃東京タワーの展望台に居られればいい写真が撮れたのになぁ」といつも思います。

自然の神秘に触れる瞬間

先日(まだ自粛のじの字も出ていない2020年2月18日)、このマジックアワーを狙って東京都庁展望台に出かけ、夕陽が沈む前から真っ暗になるまで1時間くらいずっと西の方向を見ていました。



magichour.jpg



でも、マジックアワーとして劇的な写真が撮れるのはほんの数分。



magichour.png

18:03 この日の私が感じたもっともマジックアワーな瞬間!



さすがに狙ってきているので周りは一眼を持った同業者がたくさん。中にはスマホをずっと窓際に固定して黄昏時の様子を動画で撮っている人もいました。でも、コンパクトカメラでもスマホでもきれいに写るものです。

加工一切なしでこんな風景が撮れるのですから、もう自然の神秘に感嘆するばかりです。



何もしないで、心を無にして、ぼーっとしているだけでこんな変化をじわりじわりと過ごせるマジックアワー、おすすめです。

よく晴れた日の夕方、空が広く見える場所で過ごしてみませんか。



ちなみに、子どもはじっとしていられませんのでマジックアワーを堪能するなんてムリ。これは大人の贅沢の一つと思っています。



立ち止まって自然の風景を感じるというだけでも心が洗われ、なかなか悦なもんです。



山口 哲也 やまぐち てつや
公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会 人材開発室

1960年生まれ東京都中野区在住。

担当は、ネイチャーゲームリーダー養成講座(主催会場)、幼稚園 や小学校への児童向け出前ネイチャーゲーム体験会など。

〈カメラゲーム〉で最後に絵を描くの…大好きです!

P1230584.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像



ハッピーラッキーネイチャープロジェクトについてはこちらから
https://www.naturegame.or.jp/about_us/action/happylucky/