TOP

ライフスタイル
コロナに負けない外遊び。しぜんの色帖。
「緑青(ろくしょう)」「若葉(わかば)」「青草(あおくさ)」…日本人は昔から独自の感性で、色に美しい名前を付けてきました。
お散歩がてら、あなたも自分だけの「しぜんの色帖」を作ってみませんか?
「きいろ」ってなに色?

とつぜんですが…

「きいろ」と言われたら、

どういう漢字を書きますか?

次の色見本から何番をえらびますか?



sizennoiro01.png



普通に考えれば「黄色」と書き、

4番の色を選びますよね。

「なに言っちゃってんの?」という感じでしょ。



では、「きのいろ」と聞いたら、

どんな漢字を想像し、何番を選びますか?



答えは「木の色」と書いて3番を選びます。



つまり、「きいろ」は世の中で「黄色」だけれど、

私は今回「木色」と字を充てました。



俗に言う「ちゃいろ」と呼ばれている色を

「きいろ(木色)」というこの理屈、

新しい感覚だと思いませんか。

日本独自の色の名称

国産品の色えんぴつや絵の具には

日本独特のすてきな名前が

ついているのをご存知ですか?



子どもの頃に使うクレヨンは、

たいてい「あお」「あか」「きいろ」と

ストレートな呼び名がついています。



しかし、大人が扱うような道具になると、

単純な名前だけではない

「なんとも風情のある」名前がついています。



手持ちの吉祥の絵の具と、

ペンテルの水彩色鉛筆を見ましたら、

ステキな名前がついていました。



sizeniro03.JPGsizeniro04.JPG

自然のモチーフに名前のヒントを貰う

赤系なものだけでも

「紅梅(こうばい)」

「紅(べに)」

「朱(しゅ)」

「上朱(じょうしゅ)」

「燕脂(えんじ)」

と、5色もあります。



みどり色でも

「緑青(ろくしょう)」

「若葉(わかば)」

「青草(あおくさ)」

「花白緑(はなびゃくろく)」

と4色もあります。



共通しているのは、

どれも「自然界からとった名前」

であることがわかります。



先人の感性が実にすばらしいと言いますか、

何とも感慨深いと思いませんか。



一年を通して自然の姿から名づけられた色の数々。

そこで、今の季節ならではの色の表現を

自分で作ってみるのはどうでしょうか。



ここでこだわりたいのは、漢字表記。

その自然を表す漢字ならではの味わい

というものがありますので、

前述の自然のモチーフに習って命名してみました。

初夏の10色を、命名してみた

sizeniro10.png



いかがでしょうか。



自然本来が奏でている色を

そのまま感性で命名するという遊び、

あってもよいと思います。



好き勝手に名前をつけてもいいのだから

どんどんイメージが膨らんできますよ。



今回は5月に見られる自然物で[初夏の色帖]を作りましたが、

季節によっていくらでも作れますから、

ぜひやってみてください。



写真は撮らなくてその場で考えるだけでいいので、

ぶらぶら街あるきのテーマとしてはオススメです。



改めて、日本人の自然に対する感性って…すてきですよね。



山口 哲也 やまぐち てつや
公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会 人材開発室

1960年生まれ東京都中野区在住。

担当は、ネイチャーゲームリーダー養成講座(主催会場)、幼稚園 や小学校への児童向け出前ネイチャーゲーム体験会など。

P1230584.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像



ハッピーラッキーネイチャープロジェクトについてはこちらから
https://www.naturegame.or.jp/about_us/action/happylucky/