総合トップ > ニュース&トピックス > カワウソくんのネイチャーゲームフィールドノートに記事を更新しました






カワウソくんのネイチャーゲームフィールドノートに記事を更新しました
2019.11.25

ネイチャーゲームの仲間たちだからこそ伝えられる、「自然を楽しみ、自然から学ぶ」ネイチャーゲームの情報ページが、2019年8月からスタート。

本ページでは自然あそびのアイデアやポイント、おすすめグッズを紹介していきます。

※パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットにも対応した読みやすいサイトです。ぜひご覧ください。



カワウソくんのネイチャーゲームフィールドノート


Kawauso_kun_top.png


<最新記事>

[2019.11.25公開]

植物も身体もみんな〝助け合い〟SNL15teacher01.png

独立して存在するように見えるものも自然界は多様な「共生」で成り立っています。

そこで大きな役割を果たしているのが小さい小さい菌の存在です。



[2019.11.22公開]

"We are Nature" 私たち自身も自然なんだSNL15top-half.jpg

30周年記念行事の一環として東京・大手町で行われた文化人類学者の竹村真一氏と、ジョセフ・コーネル氏の対談。

竹村氏のネイチャーゲームに対する思いを中心にご紹介します。




[2019.11.20公開]

特集:Nature Game No.040 〈わたしの木〉

「1本の木の向こうに本来の森を感じてほしい」SNL22image01.png

大切に育てている庭の樹木でない限りある場所の「決まった木」を意識的に見続けることは、意外と少ない。

それゆえに、繰り返し見続けたとき感じることは、想像以上に多いように思えます。

北の大地に根を下ろした1本の木の四季を撮った写真絵本『はるにれ』に惹かれ日本の森林をテーマに写真を撮り続ける写真家・姉崎一馬さんにお話を伺いました。




[2019.11.18公開]

おいしい、うんこSNL10image01.png

現代社会では不潔なもの恥ずかしいものとして、人目に晒さず葬ろうとされがちな、うんこ。

ところが...自然界ではうんこは宝!!



[2019.11.15公開]
「風」を見せる...京の庭師に聞く日本人の自然観SNL01image01.png

京都・嵯峨嵐山の古刹(こさつ)、祇王寺(ぎおうじ)。

その庭を手がけて12年になるという武藤重信(むとうしげのぶ)さんは〝見えないものを見て美しいと感じる心〟こそが日本人独特の感性なのだと話します。

長年、多くの人の手で守り継がれた寺の庭と向かい合うなかで感じた〝自然観〟を、春の祇王寺を訪ねてお聞きしました。



[2019.11.13公開]
特集 Nature Game No.090〈動物の弁護士〉...「共存」って何だ?SNL25image01.png

今、自然はどんな状況に置かれ、どんな視点を持てば、人と自然の共生につなげられるか。

この前提を知ることは、ネイチャーゲーム〈動物の弁護士〉を実践するうえでとても大切です。

日本自然保護協会で、長く日本の自然保護の最前線に立ち、森や川をはじめ、日本の生態系を守るため活動してきた横山隆一さんのお話から考えます。



TOP