総合トップ > ニュース&トピックス > 【謹賀新年】2022年 新年のご挨拶






【謹賀新年】2022年 新年のご挨拶
2022.01.01


謹賀新年


D75036CD-0E81-4281-BF90-95A2263F9A24_1_105_c.jpeg 33F9311E-DAC5-4A44-9290-A5C849E8D8AE_1_105_c.jpeg 72941948-A45D-48A9-B50B-2C3FFC152B5D_1_105_c.jpeg


謹んで新年のお慶びを申し上げます。

2021年は、新型コロナウィルスの世界的な感染が広がり、私たちの活動にとっても大きな困難の1年でありました。緊急事態宣言の発令を受け、指導員養成講座、フォローアップセミナーなど、私たちの根幹をなす大切な活動が大きく制限を受けた年でありました。本年は、新型コロナウィルスの感染状況が沈静化し、自然と直接触れ合うことの大切さが再び見直される、そういう1年になることを切に願っております。

世界に目を向けてみますと、バイデン新大統領の下、アメリカがパリ協定に復帰し、急激にカーボンニュートラルの波が大きくなりつつあります。環境にやさしい世界、地球にやさしい社会をめざして、世界中が走り出しています。それぞれの国のイデオロギー等によって、多分にポリティカルで予断を許さないファクターも含まれていますが、「自然を尊重し、共生していく社会をつくる」ことを目指す我々の団体は、素直に誠実にこの目的に向かって取り組んでいくことが大切だと感じています。

私は、昨年新代表に選出されたことを機に、もう一度「定款」に示されている「目的」を読んでみました。そこには、「自然と触れ合う楽しさ」、「自然から学ぶよろこび」、「自然との一体感により生まれる心の平安」が謳われています。そして、そのようなことを感じ、考え、実感する人を育むことにより、「自然を尊重し共生していく社会の創造に寄与すること」が宣言されています。すばらしい。自分は、このような"Sharing Nature"の本質を、しっかり理解し活動していただろうか。新年早々、深く反省した次第です。

気持ち新たに、自然とともに、そして皆様とご一緒に進んでいきたいと思っています。
引き続き、ご指導、ご協力を心からお願いいたします。


 2022年元旦

公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会
代表理事 日置光久

TOP