FAX

03-5363-6062

営業時間: 土日祝祭日を除く 10:00〜17:30

お問い合わせ
公益社団法人 日本シェアリングネイチャー協会

生きものビッグパズル カードタイプA

皆で1枚の絵を完成させよう!ピースは全て同じサイズです。

新商品 おすすめ商品

商品コード: 5305

¥ 2,620 税込

数量

商品について

人気の生きものビッグパズルが”カードタイプ”で新発売です。
小さい子どもから高齢者まで、誰でも「生きもの」に親しみながら遊べます。パズルというと「一人でピースを埋める」と思いがちですが、このパズルは「一人でも」「大人数でも」遊べます。ピースを一人一枚持てば、最大32人で協力してパズルが出来あがる。生きものビッグパズルは、なんといっても仲間作り、アイスブレイクが簡単にできることが、人気の秘訣です。カードタイプAは、ペンギン、ワニ、トンボ、ネコの4種類がセットです。

●セット内容:カードタイプA=ペンギン、ワニ、トンボ、ネコ
●内容:32ピース入(1種類の生きものを8ピースに分割)
●完成サイズ:364×515mm(B3)
●1ピースのサイズ:182×129mm
●素材:紙(両面PP加工)

商品説明

“アイスブレイクパズル”

「生きものビッグパズル カード・タイプA」の魅力は、生きものと自分(またはその時のグループ)とのつながりを結ぶことです。

パズルというと、1人が熱中してピースを埋める印象がありますが、この生きものビッグパズルは、1人はもちろん、グループでも、あるいは最大32名が参加できるアイスブレイクパズルです。

人と人、人と生きものをつなぐ

手にとった一枚のカードの絵をじっくりと観て、自分がどんな生きものを持っているか想像します。「これはしっぽかな?」「羽のように見えるけど」「トンボの眼ってこんな風に出来ているんだ」。手にしたピースの情報から、自分自身が知っていること、知らないことの経験と照らし合わせて、改めて想像する。さらに「僕が持っているのネコの絵と君が持っているしっぽの絵はつながりそうだね」と仲間に招き入れる。生きものの全貌が明らかになるまでに、人と人がつながっていくことが、このパズルの醍醐味です。

遊び方

その1 手に"持って"からはじめる

①メンバー全員に一枚パズルずつピースを配る(最大32名)
②スタートの合図で2人組を作り“あいさつ”をし、お互い持っているピースを見せあう
<同じ生きものの絵だと思ったら> → 一緒に他の人とあいさつをして、ピースを見せあう
<違う生きものの絵だと思ったら> → 一旦別れて、他の人とあいさつをして、ピースを見せあう
③ ②を繰り返しているうちに、同じ生きものをもつ仲間があつまり、パズルを作る
④ 完成! 

その2 地面に“置いて”はじめる

①生きものビッグパズルのピース全てを床(または地面)にバラ撒きます。
*この時にピースは全て生きものの絵が見えないように置く!
②ピースをひっくり返して、メンバー全員で協力して、生きものの絵を組み合わせ完成!

遊び方の留意点

※パズルに参加の人数が8で割り切れない場合、大人やスタッフが加わってサポートして下さい。
※パズルというゲーム性はありますが、競争という視点でこのパズルを作ると、せっかくの生きものの絵を通じて育まれる観察眼や協力的な作業の醍醐味が薄くなります。そのためには「どこのグループが早く完成出来るかな!」とか競争を煽る言葉がけはせず、「どんな生きものがいるのかな?」などの想像を巡らす言葉がけが有効です。