TOP

ライフスタイル
SDGsネイチャーゲームワークショップ開催中!
2015年に国連で採択された「SDGs」の17ゴール。
2030年達成に向けて、世界が一丸となって取り組む共通目標です。
なんだか遠い世界の話と感じるかもしれませんが、実はわたしたち一人一人の暮らしとすべて結びつきがあります。
「SDGsネイチャーゲーム」でSDGsの実践法を学ぶワークショップのご紹介です!

SDGsネイチャーゲームとは?

sdg_poster_ja.png

●「SDGs」とは?



SDGsとは、2015年国連で150カ国以上が参加し採択された「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」のことで、「1.貧困をなくそう」や「4.ジェンダー平等を実現しよう」、「15.陸の豊かさも守ろう」など17の目標が設定されています。



●SDGsネイチャーゲームとは?



 

「ネイチャーゲーム」は、自然体験プログラムの1つで、170種類以上のアクティビティが存在します。

「見る・聞く・嗅ぐ・触る」といった感覚に着目し、楽しく自然に親むことができます。ネイチャーゲームの持つ大きな魅力の1つは、自然への見方が広がり、新たな視点が加わることだと思います。

また、ネイチャーゲームを体験する多くの人が「自分も自然の一部なんだ」と感じ、自然をより親しみのある存在として身近に感じるようになる効果があります。

そしてもう1つの大きな魅力は、アクティビティそれぞれが持つ「ねらい」をはずさないようにさえ気を配れば、シンプルな構成でアレンジがしやすいということです。

わたしたちは、ネイチャーゲームが持つこうした特徴を活かし、SDGsと自然や生きもの、身近な環境や日々の暮らしを結びつけられる活動として「SDGsネイチャーゲーム」を開発しています。

近日開催日程はコチラ!→ワークショップ詳細


2019年10月に開催した第1回のワークショップの中で体験していただいたSDGsネイチャーゲームは、〈ディスカバーウォーク〉〈カモフラージュ〉〈この人をさがせ〉の3つです。



内容を少しだけご紹介したいと思います。

SDGsネイチャーゲーム file01〈ディスカバーウォーク〉

既存のネイチャーゲーム〈ディスカバーウォーク〉は、ウォークラリーのように地図を見ながらまちを歩き、チェックポイントで、「地域の自然」や自然とのかかわりの中にある「地域の文化」「地域の歴史」、残していきたい「自然とのかかわり」などを発見し、自然や地域への関心を高める活動です。



この活動は、発見アイテムをSDGsの視点でアレンジすることで、SDGsと身近なまちや暮らしのつながりを発見できる活動になります。



こんなカードをつくりました。



P1070271.jpg



たとえば、「人と人とのつながり」はSDGsの「17.パートナーシップで目標を達成しよう」に関連しますが、実際にまちで探す場合はどんなものが見つかりそうでしょうか?



まち中で人のコミュニケーションが感じられるもの、たとえば「町内会の掲示板」や「こども100当番の標識」などがこれに該当するかもしれませんし、おばあちゃんたちの井戸端会議を見かけたなら、これも立派なパートナーシップ!かもしれませんね。



discover.jpgdiscover2.jpg KFN_0560.JPG



発見をしながらまちを歩いた後は、SDGsの17ゴールと発見したものとのつながりをみていきます。表面の発見アイテムには、あらかじめ1つずつつながりのあるゴールのアイコンが付いていますが、他につながりのあるゴールがないかも考えてみます。



じつは、SDGsの17ゴールは、独立しているようでいて、それぞれにつながりあっています。



例えば2.飢餓を終わらせるためには、6.安全な水の確保は重要ですし、1.貧困をなくそうには、4.質の高い教育を誰もが受けられるようにしたり、10.人や国の不平等をなくすことも関連します。



〈SDGsディスカバーウォーク〉の発見アイテムも、それぞれが関連し合っていたり、SDGsとのつながりは1つではないかもしれません。ぜひ「つながり」にも注目してみてください!



カードの裏面には、17のゴールのアイコンと短い説明、カードの使い方が書かれています。



P1070266.jpg



この「SDGsディスカバーウォークカード」については、コチラの記事もご覧ください。



ネイチャーゲームWEBショップで「SDGsディスカバーウォークカード」を購入する

コチラから

SDGsネイチャーゲームfile02〈カモフラージュ〉

〈カモフラージュ〉は、道や植え込みなどに目立たないように置かれた人工物を探すネイチャーゲームです。

SDGsアレンジバージョンでは、人工物を身近な「ゴミ」に設定して実践しました。実践場所に実際に落ちていたゴミを使って行い、体験後のふりかえりでは、ゴミがどのようにこの場所にたどり着いたのかや、経年変化、分解されにくいゴミの行方などについて参加者で考えてみたり、感じたことを話し合います。



SNL26_4.png

たとえばこのような植え込みにゴミを設置して行うことができます。



情報誌『SNL』26号でも紹介しています!

このネイチャーゲームを体験後は、みなさんよく見る力」がアップし、小さなゴミも目につくようになります。周辺にゴミを見つけたなら、ゴミ拾いも合わせて行うと行動と結びつき、効果的かもしれません。

SDGsネイチャーゲームfile03〈この人をさがせ〉

お互いにインタビューをし合うことで、一人一人のSDGs度や、身近な生活とSDGsとの関連に気づくことができるアクティビティです。例えばこんな項目を用意し、あてはまる人をさがします。



SNL27_4.png

情報誌『SNL』27号でも紹介しています!



SDGsアレンジバージョンでは、名前を記入し終わった後、お互いに知っていることや実践していることを話し合うことで、SDGsへの理解を深めていきます。知らなかったことや、実践していないことについても、関心を持つきっかけになります。

続々開発中!SDGsネイチャーゲーム!

上記でご紹介したように、ネイチャーゲームをアレンジしたり、SDGsと関連づけたふりかえりを行ったり、ネイチャーゲームの手法を用いることで、さまざまな場でSDGsの活動を展開することができます。



次回のワークショップでは、少し趣向を変え、「自然や生きものの視点から人の社会や暮らしを見る」ことをテーマにSDGsネイチャーゲームを準備しています。



体験していただけるのは、〈このゆびとまれ〉〈つながりの一歩〉〈森の色合わせ〉〈自然へのインタビュー〉の4つのアクティビティです。



先にお伝えしたネイチャーゲームの「自然への見方が広がり、新たな視点が加わる」効果や、アレンジがしやすいという魅力も感じていただけると思います。



Image-3-1.jpg

身近な生きものと人の暮らしの「つながり」を考える



Image-4.jpg

ふりかえりでは、SDGsの目標とのつながりを考える



SDGsネイチャーゲームワークショップは、SDGsへの理解を深め、実際に伝える手法を学ぶことができます。



自然体験活動指導者の方はもちろんのこと、企業の方や自治体の関連部局の方など、SDGsを実践したい、伝えたい方にもおすすめです。

みなさまのご参加をお待ちしています!



IMG_6625.JPG



日本シェアリングネイチャー協会では、2020年度もSDGs関連ワークショップや講師派遣を行っていく予定です。最新情報は、当協会HPトピックスの「SDGs(持続可能な開発目標)×ネイチャーゲーム」リンクへアップしていきますので、こちらもぜひご覧ください!



最新ワークショップ参加申込み情報はコチラ



水信 亜衣 みずしな あい
公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会 スタッフ

10年前東京へやってきた時には、里山暮らしとのあまりに大きな自然ギャップに途方に暮れるも、シェアリングネイチャーの視点で徐々に東京ネイチャーの面白さを発見!!現在、2児のシェアリングネイチャー子育て中。6歳になった娘は、昨年生まれた弟に得意げに自然案内をしています(笑)
ai01.jpg