TOP

木育
  • (2020.08.12記事作成)

    岐阜県中津川市環境政策課と協力し合い、幼児環境教育に取り組んでいます。

    野外活動主宰者・草木専門家・クラフト作家・家具職人・林業家・大工・保育士...いろいろな立場の人がスタッフとなって、地元の材料を使って展開している「中津川木育」も8年目。

    今年は新型コロナの影響で各園これからの実施となりますが、昨年度の様子を紹介します。

  • 木と触れることが、子どもの健やかな育ちによい効果をもたらすとされ普及がすすめられている「木育」。人が木や森と親しむには、どんな取り組みが必要なのでしょうか?

    「木育」の普及を続け、年間14万5000人を超える人が訪れるという「東京おもちゃ美術館」館長・多田千尋さんにうかがいました。