総合トップ > 資格を取りたい > リーダーになるには/受講案内 > ネイチャーゲームリーダー養成講座の内容

ネイチャーゲームリーダー養成講座の内容
講座は、3日間(2泊3日または日帰3日)または2日間(1泊2日または日帰り2日)で構成されます。
実習

室内や野外にて、12以上のネイチャーゲームアクティビティの体験および指導実習を行います。

 

 講座で体験する代表的なネイチャーゲーム

はじめまして

カメラゲーム

フィールドビンゴ

カモフラージュ

音いくつ

動物交差点

サウンドマップ

わたしの木〉(または〈目かくし歩き〉)

フォールドポエム

講義

室内でテキストなどを用いて行う、ネイチャーゲームの理念などの座学です。

 

 講義で扱う主なテーマ

ネイチャーゲームの概要

ネイチャーゲーム実践法

安全対策

ネイチャーゲーム指導員制度

『シェアリングネイチャー 自然のよろこびをわかちあおう』を読む

ふりかえりとまとめ など

使用する教材(当日会場でお渡しします)

 テキスト

『ネイチャーゲームリーダーハンドブック アクティビテ編』

『ネイチャーゲームリーダーハンドブック 理論編』

※講座期間中は貸与となり、指導員登録された方はお持ち帰りいただけます。
 (『ネイチャーゲームリーダーハンドブック』代は登録諸費用に含まれます)

 

 副読本

シェアリングネイチャー 自然のよろこびをわかちあおう

※『シェアリングネイチャー 自然のよろこびをわかちあおう』代は受講費用(参加費)に含まれています。すでにお持ちの方は講座に持参いただくことで、返金(講座特別価格分)をさせていただいています。

筆記試験

講座最終日に「筆記試験」があり、合格(70点以上)された方は、「公認ネイチャーゲームリーダー」として指導員登録ができます。

出題内容は講座を通して学びますので、事前の学習はなくてかまいません。安心して受講いただければと思います。

TOP