総合トップ > 会員のページ > 指導員向けイベント > 東京 > 【開催中止】ネイチャーゲーム安全対策セミナー【東京都会場】

ネイチャーゲームリーダースタートアップ
各種手続き
ネイチャーゲーム関連資料・様式・ツール
五感で楽しむ自然ふれあいプログラム
ネイチャーゲームウェブショップ
共に学ぶ・わかちあう
ネイチャーゲームニュースレター
よくあるご質問

組織支援室

コーディネーター
インストラクター
トレーナー
SNWガイド




指導員向けイベント一覧

【開催中止】ネイチャーゲーム安全対策セミナー【東京都会場】

新型コロナウイルスの感染拡大を鑑み開催を中止しました

新型コロナウイルス感染拡大防止への対応について
本講座は、大規模イベントには当たらないこと、また野外活動を中心としたイベントであることから、感染症対策を実施した上での開催を予定しています。開催にあたり参加者のみなさまには下記についてあらかじめご了解くださいますようお願いいたします。


1)風邪の症状や発熱など体調に不安がある場合には参加を自粛してください
2)咳エチケット・こまめな手洗い・マスクの着用など感染対策にご協力ください
3)より感染リスクを下げるために、実習・講義を予定しているものから変更する場合があります
4)新型コロナウイルス感染拡大状況をみながら、4/16頃を目安に開催を判断予定です
5)その他感染防止のためのご協力をお願いさせていただく場合があります


合わせて下記のページのご確認をお願いいたします。

▶新型コロナウイルス感染拡大による大規模イベント中止の要請に対する対応について

※本お知らせは状況に合わせて変更する場合があります。



ネイチャーゲームアドバンスセミナー


ネイチャーゲーム×リスクマネジメント×救急法

ネイチャーゲーム安全対策セミナー



KFN_0563.jpg KFN_0614.jpg IMG_1482.jpg


シェアリングネイチャー活動における「良いプログラム」とは、「より良い体験の提供」ができるもの。

どんなに素晴らしいプログラムでも、
どんなにかけがえのない素晴らしい時間であったとしても、
事故が起きたとき、大きな怪我があったとき、
そのプログラムは「より良い体験」ではなくなります。

「より良い体験の提供」を目指して、私たちは下見を重ね、出会ってほしい自然と参加者とをアクティビティで結び、プログラムを練っていきます。
このとき私たちは「事故ゼロ」という土台の上にプログラムを練り上げていきます。


そして、
事故を未然にふせぐ
ために、リスクマネジメントが求められます。

このセミナーでは、ネイチャーゲームならではの視点から「リスクマネジメント」を実践的に学び、すぐに役立つ知識・技術・各種情報と、そしてどうしても避けられない"もしもの時" に備え、救急法を学びます。

「事故ゼロ」の先にある「より良い体験の提供」を目指して共に学びましょう。

みなさまのご参加をお待ちしています。

<本会場のおすすめポイント>
*本会場は、アクセスの良い「国立オリンピック記念青少年総合センター」での開催です。
 (宿泊可能な施設です。個人での申し込み手続きが必要です)
*定員は16名限定です。

aed1-2.jpg

<プログラム内容(予定)>

・フィールドKYT
・救急法の実践(MFA救急法ケアプラスライセンス取得)
・救急対応シミュレーション
・ネイチャーゲーム実践時におけるリスクマネジメント
・チームとしての安全対策 など


メディックファーストエイド ケアプラスについて

メディックファーストエイド(以下、MFA)は、1976年にアメリカで誕生した一般市民のための応急手当のトレーニングプログラムで、現在、多くの国で高い評価を得て普及されている救急法の国際ライセンスです。
MFAは、リアルなシーンを提供するビデオ、実践的な練習の繰り返し、そして救助者の安全確保と心理的な側面への配慮を含む、体験を重視した独自のプログラムが特徴です。
またMFAの柔軟なカリキュラムを活かし、ネイチャーゲームの現場において起こりやすいケガに対応する救急シミュレーションを特別に組み込むことで、ネイチャーゲームに特化した即戦力のスキルを身につけられるよう組み立てています。
今回取得する「ケアプラス(全年齢)」では、乳児から成人までを対象とした心肺蘇生法を中心に構成されたプログラムを通して救急法を学びます。

[参考(外部サイトへのリンク)]
・メディック・ファーストエイドについて知りたい  MFA JAPAN のページへ
・ケアプラス・コースについて知りたい      ▶ MFA JAPAN ケアプラス のページへ


参加者の声

・初めて知ることも多く良かったです。地域の会の会員の人にもすすめてみようと思います

・安全対策をやっているつもりではいたのですが、今回のようにみんなで話し合い、確認してみると気づくことが多かったです

ネイチャーゲームで自然を楽しむことが最も大切で、そのためにリスクマネジメントが必要である、という考え方に共感しました

・「誰かの前に立つ以上は"初心者"という言い訳をせず、責任をもって立つ」ことを忘れずに、活動していきたいと思います


講師紹介

MinegishiYumiko.jpgネイチャーゲームトレーナー
メディックファーストエイドインストラクター

峯岸由美子(みねぎし ゆみこ)


一般社団法人 遊心(ゆうしん)代表。自然体験、遊び、教育を軸とした【人・家族・地域】づくりの企画、コンサルティング、人材育成などを行っている。大学在学中より環境問題に取り組み、ブラジル地球サミットNGO連絡会を経て ネイチャーゲームに出会う。その理念やプログラムに共感し、新たなアクティビティを創作しながら、主に教育機関、企業、NPOとタイアップし環境教育事業をプロデュースしている。特に「乳幼児と親子」をテーマに生活に密着した「子育て支援自然体験」を提案



日程
2020年05月03日(日)10:00〜18:00,4日(月祝)10:00〜17:00 日帰り2日
会場
講師
峯岸由美子(ネイチャーゲームトレーナー・MFAインストラクター)
対象
ネイチャーゲーム指導員
定員
12名(定員になり次第締め切り)
参加費
25,500円(日帰り2日/MFAケアプラスライセンス料含む)
主催
公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会
(MFAトレーニングセンター)
お申し込み/お問い合わせ
連絡先:(公社)日本シェアリングネイチャー協会 藤田航平
電話:03-5363-6010(土日祝日を除く10:00〜17:30)
FAX:03-5363-6013
E-mail:fujita@naturegame.or.jp
申込締切
2020年4月 9日 ※備品準備関係から早めの申し込みにぜひご協力ください!
備考
※お申し込みの際は合わせて下記をお知らせください。
1)参加希望日程と会場
2)今回のセミナーに期待することや、学びたいこと
3)今までの活動の中で安全面に関して「ヒヤリ」としたことや、「ハッと」したことなど
4)(あれば)今までの活動の中で起きた「事故やケガ」について、どんな事故か、どうして起こったか等わかっている範囲で教えてください。
5)メディックファーストエイド(MFA)のライセンスの有無
 ※本講座でケアプラスのリフレッシュを希望の場合には、
  現在お持ちのライセンスの有効期限をお知らせください。
6)今までに安全対策に関する研修の受講や取得した資格

※個人宿泊をご利用の方は下記のページより利用方法等をご確認の上、施設へ直接申し込みください。
 https://nyc.niye.go.jp/d1-2-3-html/


救急法は常に「使える状態」に!


5年前に救急法の勉強したから大丈夫!!」・・・ほんとに大丈夫ですか?

いざというときに求められる救急法。
なかなか使う機会がありません。
使う機会がないことは幸いなことです。

しかし前に研修を受けた時から、ブランクが長くなるほどに「いざというとき」に対応できなくなります。


・救急対応の手順は?
判断基準は?
・心臓マッサージの力加減は?回数は?


と疑問が出てきてしまうと不安になってしまい動けないかもしれません。
体が止まってしまうその数秒が、命を救えるかどうかの大切な数秒となるかもしれません。


また救急法は、5年を目処に国際基準の見直しが行われているのをご存知ですか?
MFAのみならず、各救急法資格はこの国際基準を元に構成の見直しがされています。


●最新の情報を得ること
●資格を常に使えるもの(アクティブ)とすること


この2つを意識しながら救急法の更新を行いましょう。

合わせて「いざというとき」を起こさないための準備も大切です。
そして「いざというとき」を起こさないためには、
仲間の「共通認識」を作ることがとても大切です。

安全対策は「チーム」です。
一人でできることは限られています。
仲間の一人が救急法に精通しているだけでは足りない場面がいくつも想定されます。


●チームとしての安全対策


を意識し、研鑽を積みながら、情報共有をはかり、事故ゼロを目指しましょう。

※都道府県シェアリングネイチャー協会による地元開催をぜひご検討ください。
 ▶ 地域アドバンセスセミナーのページへ(要パスワード)




TOP