コメント一覧






スタッフブログ
雨の日こそ外あそび!

雨の日に子どもと野外へ出かける理由
  子どもは晴れでも雨でも外へでたがりますよね。生きものとして自然を直接感じ学んでいくための本能的欲求なのではないかと感じたりするのですが...かくゆう私自身も、子どもの頃、雨の中をびしょ濡れになって遊んでいた記憶があります。その中では、雨で濡れた洋服が体に張り付く感じや雨が髪の毛からしたたってきたり地肌を流れてくる感じ、グッチャグッチャたっぷたっぷと水を含んだ靴、ゴーっという川の音が周りの全ての音を飲み込んでいるようにしんとした大気の様子、草やアスファルトや土が濡れた匂い、雨が大好きな生きものや植物たちの姿...全感覚で感じていたさまざまな「雨の日」が鮮明に残っていて、今思えばまるで直感的に「雨」の性質や「自然」を理解していく作業だったように感じられるのです。
 晴れていれば、気にもとめないであろうただの道端のくぼみが、ちがうものへと姿を変える。まるで雨の日の魔法です。親になり、娘にもそんな楽しい雨の記憶を持ってほしくて、0歳の頃は抱っこひもで、歩き始めたらカッパを着せて外へ出かけるようになりました。
mei01.JPG(↑ツヤツヤ光る濡れた葉っぱに興味津々。当時1歳)

mei07.JPGmei08.JPG(↑雨がジュワジュワ〜と染み出てくる芝生。すぐさま寝転んで確認。当時4歳)

最初は単純にめずらしさから、きょろきょろ見回し、あちこち触ったりしていた娘でしたが、成長と共に、道にできた川をせき止めてみたり、水たまりに映った景色を不思議そうにのぞきこんだ後今度は上を見上げたり、大きな葉っぱに溜まった雨水を揺らしたり、突然濡れた草はらに寝転んだり(ネイチャーゲーム〈大地の窓〉をやると、地面に寝転んで空を見上げるのはもはや習慣化します^^;)...積極的に雨と戯れるようになりました。そして、雨の日には自ら「カッパ着て外行かない?」と私を誘ってくれるようになっていきました。

mei06.JPG 子どもと雨の日積極的に外へ出はじめた私が、意外で嬉しかったことは、実際に我が子を伴い歩く雨の道が自分の想像以上に楽しくて、子どもの顔をキラキラに輝かせてくれる特別な時間だと気づかされたことです。私はずっとそれを伝える立場だったし、知っていたはずなのに、想像をはるかに超えていた!娘と自然との関わりを通して、雨は自然じゃない場所も自然に変えてくれるんだと気づきました。そして、雨がつくり出す魔法は、晴れの日がきて辺りが乾いて元どおりになったとしても、娘の心にいちいちちゃんと鮮明に残っていて、いつもの道で、公園で、森で、話題に出てきては自然の姿をいきいきと感じさせてくれるし、娘はますます愛着を持った目線を自然に送るのです。


子どもが遊びを見つける瞬間
 何気ないいつもの道を進んでいくと、道沿いにはさまざまな自然があります。雑草1つにしても雨に濡れると違う様子になっていて、雨粒のつき方もちがいます。まずは雨粒をツン!と触ってみせると、すぐに嬉しそうに真似をしてツンツンしはじめます。葉っぱを引っ張ってピン!と放して雨粒を落としてみたり、紫陽花を「ぽわんぽわん」と言いながらやさしく手のひらで触ってみたりしながら進みます。コンクリートの坂道はすぐにそこここに小さな川ができるので、ちいさな両手を浸して流れていく雨水をただ見ている時間もあります。このときもものすごーく楽しそうなので、私もただ見守ります。

neu11.JPG しばらく歩いていると神社に差し掛かりました。入り口は緩やかな坂になっています。ここにも小さな川。娘は小石を拾って川の水に浸して遊び始めたと思うと 急に立ち上がり、ぱっと顔を輝かせて、坂の上手に駆け上がり、たったったと下手に向かって走り下りてきました。何度も繰り返します。「なにしてるの?」と 尋ねてみると、「川になったの!」と。そうです。娘は雨水の一員になって小さな川を流れて遊んでいるのです!あの時の娘の楽しそうな顔は今でも忘れられません。娘は小さな川に手を浸した感覚や、小石が流れる様子を見て、自分が流れてみようと思いついたのではないでしょうか。すごく名案ですよね(笑)
mei10.JPG(↑川になって何度も走りおりてきます。当時2歳)


子どもの目を通して見る自然の豊かな世界
 そう。子どもと雨の外あそびを楽しむために、特別なスキルは何もいりません。ただ、雨だからこその自然の変化に気づくには五感を普段から開いておく必要があるのも事実。つまり、「見る・聞く・嗅ぐ・さわる」といった感覚がオープンになっていれば、とても小さな変化に気づけるというわけです。これはネイチャーゲームをすれば簡単に身につけたり磨いたりすることができます。自分の中に根付いたこのシェアリングネイチャーの感覚を、東京に来て、さらには娘との何気ない日常を通して、私はますます実感するようになりました。
雨の日に限らずですが、出かけた先々で〈音いくつ〉をやりします。ルーペは常備しているので〈ミクロハイク〉をしたり、娘が気になった道端の草花をのぞいてみたりもします。〈フィールドビンゴ〉をやっていると、においにも敏感になり、いろんな自然のにおいに関心を持つようになります。自然に対して五感を研ぎ澄ませる感覚をそばにいる大人が持っていることで、子どもたちのただの道草は、素晴らしい自然体験の場に変わります。
 雨の日となると、服が汚れてしまうとか触ると汚いんじゃないかとか、とっさに考えて敬遠してしまうかもしれませんが...雨に限らず、汚すことなく思い切り自然と触れ合って遊ぶことはできません。我が子がちゃんと「どろんこ」になっているか確認するくらいの意気で(笑)、ぜひ雨の日の自然を一緒に楽しんでみてください。(上下カッパにフードまたは撥水性の帽子を着用させれば本人もママもごきげんです♪)
そして、子どもたちが見つけた自然や、感じたことはできるだけその場で共有して味わってください。子どもの行動からは片時も目が離せない私たちですが、彼らの目線を通して見る自然は、そのもの以上に壮大で色鮮やかで、ママ自身が深く自然に触れ合う極上の時間になっていきます。

mei09.JPG(↑大きなユリノキの下で雨宿り。おうちに見立てて熱心にストーリーを解説中。)




ai01.png水信亜衣 みずしな あい

公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会 スタッフ

10年前東京へやってきた時には、里山暮らしとのあまりに大きな自然ギャップに途方に暮れるも、シェアリングネイチャーの視点で徐々に東京ネイチャーの面白さを発見!!現在、2児のシェアリングネイチャー子育て中。6歳になった娘は、昨年生まれた弟に得意げに自然案内をしています(笑)


19年07月11日 投稿者:カーリー コメント(0) 
コメント投稿

TOP