スタッフブログ
コミックをご紹介
 
こんちにわ。渡辺です。
今日はコミックをご紹介します。
先日ラジオで紹介されているのをたまたま聞いて、さっそく購入して読んでみました。
双葉社 山本おさむ著 「今日もいい天気」
 
 
 
いい天気.jpg
 
25年間、ひたすら都会で漫画を描き続けるという生活をしていた漫画家(山本さん本人)が、田舎の家を購入して暮らし始めるという、実話漫画エッセイです。
 
庭にヘビが出れば大騒ぎし、カブトムシやオニヤンマに会えれば少年のように目を輝かせる山本さん、少しだけ都会的な生活に未練を持ちつつもたくましく田舎生活を満喫する奥さんなど、登場人物も大変魅力的です。
 
 
写真.JPG
 
 
この漫画、2巻に分かれていて、1巻が田舎暮らし編、そして2巻が原発事故編となっています。
そう、山本さんが移り住んだ田舎とは福島県だったのです。
2巻では、放射能に汚染された土地での暮らしや、少しでも安全な作物を作ろうとする農家の葛藤や試みなど、山本さんの視点からとてもリアルに描かれています。
私にはとても強く心にせまってくるものがありました。
興味のある方はぜひ。
 

13年07月10日 投稿者:なべ コメント(1) 
コメント(1)

この漫画は共産党新聞「赤旗」日曜版に掲載されていました。
作者の強い思いが描かれていた福島の困難な実態を理解することができました。

|2013年07月11日|投稿者:ばんどり|
コメント投稿

TOP