総合トップ > わたしたちについて > スタッフブログ > 旬のおたより > 雨はどこから降るの

コメント一覧






スタッフブログ
雨はどこから降るの

西さんです。

埼玉にインストラクター研修会に行ってきました・

大雪の降った次の日の朝、木谷さんの考えた「森の音袋」を体験しました。

雪のつもった木下で、色々な音を聞きました。

時々、解けた雪が、木の枝から落ちてきました。

ポトリ、ポトリと落ちてきました。時々どさりと大きな雪も落ちてきました。

しばらく耳を澄ましていると、地面が、ぶつぶつ言っているのに気がついたのです。

そうだったのです。

解けた雪は、落ちた時に音がするのです。

ぽつりぽつりと上から落ちてくるのではないのです。

地面から、ポツリポツリと聞こえるのです。

だとすれば、雨も。

雨も地面から。

 

 


14年02月10日 投稿者:にしさん コメント(2) 
コメント(2)

あの日は森の音も楽しいけど、雪の音があったので森のおとぶくろはいろんな音が楽しめるぞと思いました。

そうか、降っているときは音はしないけど、なにかにぶつかったときに音がする訳ですね、納得。

昨日は屋根雪が固まって落ちたので、音と一緒に地響きも感じました。

|2014年02月13日|投稿者:とりのなくぞう|

あの日雪の中に仰向けに寝てたくさんの音を楽しみました。木の上から雪の下の地面から…いろいろな音を感じました。
1週間後、神奈川県でも雪が積もり、埼玉とは違った音を楽しんでいます。雪かきのザザー、ガサッ、ドサッ!フ~。

|2014年02月16日|投稿者:りか|
コメント投稿

TOP