総合トップ > わたしたちについて > スタッフブログ > 自然を楽しむ・自然から学ぶ > 僕が"はまっている"こととアナンダ村

コメント一覧






スタッフブログ
僕が"はまっている"こととアナンダ村

こんにちは、ばうです。

はまっていることがあります。
そう言うと、ここ事務局内では「サッカーだねー」とか「町田ゼルビアだねー」と言われます。
開幕前、Jリーグクラブを応援している全国のネイチャーゲームリーダーの皆さんもワクワクですよね。ましてや地元クラブの活躍は地域活性と自分の活力の源ですしね!

はい、はまっていることは『空と大地がわたしに触れた』(https://bit.ly/2E8tCVU)です。
その中のアクティビティで、指導員報の『自然とわたし』にもある"呼吸数えのメディテーション"(英名Watching The Breth Meditation)が、どうやら!なにか!これは!え!あれ!きたか!という感触。

日々是実践ということで帰宅途中にある雑木林の前とか、週末の朝にジョギングで訪れる野津田公園の山道で、息を吐いたり吸ったりしています。

九州、熊本でのシェアリングネイチャーウェルネスガイド養成講座の中、参加者の方が「人は過去に後悔して、未来に不安を思う、だから、今ここを思うこは平安と聞いたことがある」と話していました。この話、うんうん頷きました。だから、呼吸に集中して、しかも数えたりして、わざわざ難しい呼吸だなと思っていました。でも、そうすることで呼吸をすることに集中するよう練習する、そうするとですね。


ある時、"いま"になる。

他の時間はなくて、"いま"になるような感じでした。

おーー!来た来た!と少し高揚。嬉しかったです。

どうしても、日常にはいろいろなことが起きます。僕もいろいろあるさ。本当に。大変です。

でも、幸運なことに、自然と出会うことで得られることがある。"呼吸数えのメディテーション"は、
"いま、ここ"にと感じられ、心が平安という「凪」になるエクササイズだなと思っています。

DSC_1063.JPG

そして、みなさん。

2019年秋にアナンダ村ツアーを予定(10月11日〜18日)しています。
秋のシェラネバダですよ。

僕は2017年に同行させて頂きました。
すごく良かったです。何が良かったかったって、そこにいることの「幸せ実感度」がとてつもなく高いことです。
アナンダ村の景色、建物がかもす空気感。そこでのアクティビティが身体と心に染み込む感覚、
そして人の雰囲気。アナンダ村の住民の皆さん、優しいのです。ネイチャーゲームやエクササイズしてみませんか。
しかも、秋です。錦繍です。メイプルが秋に染まっている風景。なんと、夜は満月あり。

いつか行ってみたい場所に、行けるといいですね。

DSC_1469.JPG      アナンダ村の丘で佇む <サンセットウォッチ>

P1050464.JPG      針葉樹の森で、木に寄り添う SNウェルネスしている


19年02月22日 投稿者:ばう コメント(0) 
コメント投稿

TOP