総合トップ > わたしたちについて > スタッフブログ > 自然を楽しむ・自然から学ぶ > イノッチファームでシェアリングネイチャー No.55〈栗の雌花〉(2020.06.05)

コメント一覧






スタッフブログ
イノッチファームでシェアリングネイチャー No.55〈栗の雌花〉(2020.06.05)

イノッチファームでシェアリングネイチャー NO55

〈栗の雌花〉

栗の花が咲き始めた。

白くてモフモフの花が風に揺れるさまはまさに初夏の風物詩。

ところが、この花の匂いが嫌いだという人が案外多い。

人それぞれだから別に構わないが私は嫌いではない。

さて、この栗の花、白くてゆらゆら揺れているのは全て雄花だということだが、では雌花はどこにあるのか?

栗になるのは一体どこに???

今まで雌花の存在など気にも留めてなかったし、イガイガのついた"栗"の状態にまでなった時に初めて、「今年はいっぱい生ってるな~」と気づくにとどまっていた。

好奇心がうごめき始め雌花探しが始まる。雄花のフサフサを丹念に調べるがそれらしきものは見つからない。

一つ一つ観察してみてもみな同じような姿かたちをしている。

「おかしいな、どこにあるんだろう」と、さらにあちこちの雄花周辺を探してみたら・・・。

雄花の付け根付近にポツンと独立した雌花が見つかった。

雄花の割に雌花は極端に少ない。

が、これも確実に子孫を残すための戦略なのだろう。

これからどんな風に"栗"になっていくのか、楽しみだ。

▶PDF版をダウンロードする イノッチファームでシェアリングネイチャー№55.pdf

inocchifarm55.jpg


20年06月05日 投稿者:イノッチ コメント(2) 
コメント(2)

栗の雌花がイガイガの栗の実になって行く過程、
見てみたいです。私も今年初めてヤマモモの雄の
木の花と雌の木の花の違いを認識できました。
コロナ騒ぎの中、公園に足しげく通ったお陰です。

|2020年06月06日|投稿者:岩井隆子|

栗の雌花の成長過程、収穫時期を迎えるまで定点観察してみようかと思っています。続くか心配ですが・・・。

|2020年06月06日|投稿者:イノッチ|
コメント投稿

TOP