総合トップ > わたしたちについて > スタッフブログ > 自然を楽しむ・自然から学ぶ > イノッチファームでシェアリングネイチャー No.83 〈ホーリーバジル〉(2020.07.31)

コメント一覧






スタッフブログ
イノッチファームでシェアリングネイチャー No.83 〈ホーリーバジル〉(2020.07.31)

イノッチファームでシェアリングネイチャー NO83

〈ホーリーバジル〉

ホーリーバジルがやっと咲き始めた。
もう、5,6年ほど前になるだろうか、仙台のネイチャーゲームの仲間Sさんからタネをいただき、毎年育てている。
「デトックス効果があり何にでも効くみたい」「インドのアーユルヴェーダではなくてはならない最高のハーブ」。
そんな風に言われありがたく育てている。
確かに、いい香りがして体に良さそうだ。
何とも言えない清涼感あふれる香りが鼻からスーッと入り、体中の毒素を消し去ってくれる気がする。
2度3度とゆっくり息をするたびに泥水が少しずつ透明になっていくような感じで、内臓まできれいに洗われていくような気がする(チョット大げさか!)。
毎年こぼれダネで畑のあちこちに出てくるが、去年は数本しか顔を見せず、大事にタネを採っておいた。
今年はこぼれダネに頼らず、ちゃんと播種して、大きく育った苗を畑の隅っこに植えておいた。その甲斐あって、やっと花を咲かせてくれたのだ。
このホーリーバジル、調べてみると何にでも効く万能薬で、インド(ヒンドゥー語)では「トゥルーシー」と呼ばれ、『比類なきもの、比べることができないくらい素晴らしいもの』という意味でとても大事にされているとのこと。
そんなありがたいハーブが目の前にあったらやっぱり飲まずにはいられない。
花を茎ごと数本、葉っぱを数枚採ってコップに入れる。
レモングラスもきっといい仕事をするだろうと思い入れてみる。熱湯を注ぐと香り成分がコップから湧き上がり鼻に吸い込まれていく。そして一口飲んでみる(思わず、ハーッ!)。
さっき、「内臓まできれいに洗われる」と書いたが、ちっとも大げさではなかった。
塩を付けたキュウリをつまみにフレッシュハーブティーの午後、ゆったりとしたいい時間が流れていく。

▶PDF版をダウンロードする イノッチファームでシェアリングネイチャー№83.pdf

inocchigarm83.jpg


20年07月31日 投稿者:イノッチ コメント(0) 
コメント投稿

TOP