総合トップ > わたしたちについて > スタッフブログ > 自然を楽しむ・自然から学ぶ > イノッチファームでシェアリングネイチャー No.120〈シソの実〉(2020.09.28)

コメント一覧






スタッフブログ
イノッチファームでシェアリングネイチャー No.120〈シソの実〉(2020.09.28)

イノッチファームでシェアリングネイチャー NO120

〈シソの実〉

シソの花が咲き終わり、実をつけ始めた。青ジソの実は赤ジソよりも一回り大きい。

1本の茎に40~50個くらいの実がついているので、1株ではどのくらいあるのか見当もつかないほどだ。

赤ジソの葉は夏場にジュースにして何度も飲んだ。クエン酸入りの赤ジソはきれいな色に染まって水溶液の実験を思い出す。

炭酸で割って飲むと夏バテが吹っ飛ぶ。青ジソの葉は薬味として冷や奴やお寿司でお世話になった。

そして、実をつけたこの時期はシソの実のしょうゆ漬けだ。穂先を親指と人差し指で挟んでしごくと簡単に採れる。

この作業を何百回と繰り返して、直径が30cmほどの金ざるに8分目ほど収穫した。

シソは"あく"が強いので何度もしごいていると指が黒くなってしまう。

多分23日は落ちないだろう。

醤油漬けは実を簡単に洗ってすぐに瓶に詰め、醤油を入れてハイ完成!だったが、今回は一晩水につけあく抜きをしてから漬けようと思う。

冷凍庫で保存しておけば来年の夏まで十分もつ。

熱々ご飯にかけたり、おにぎりに入れたり、ドレッシング代わりに使ったりと用途はいろいろ。

和風ハーブの代表格、最高のわき役として重宝する。

▶PDF版をダウンロードする イノッチファームでシェアリングネイチャー№120.pdf

inocchifarm120.png


20年09月28日 投稿者:イノッチ コメント(0) 
コメント投稿

TOP