総合トップ > わたしたちについて > スタッフブログ > 自然を楽しむ・自然から学ぶ > イノッチファームでシェアリングネイチャー No.122〈虫の居場所〉(2020.09.30)

コメント一覧






スタッフブログ
イノッチファームでシェアリングネイチャー No.122〈虫の居場所〉(2020.09.30)

イノッチファームでシェアリングネイチャー NO122

〈虫の居場所〉

このところ頑張って草取りをしたので畑の草は大分少なくなり土が見え始めてきた。

緑の部分は大方野菜になりどこから見ても畑らしくなってきた。

だが、えさ場や隠れ場を失った虫たちにとってはとんだ迷惑、狭くなった草地を求めてかなり"密"状態になっている。

残ったシソの栽培地にいろんな虫が群がっている。このシソも抜いてしまう予定だが、さて、どうしたものかと思案に暮れる。

シソはそのまま放っておいても特に問題はない。

やがて枯れてタネがこぼれて来年につながる。その分耕作地が減るが来春までには片づけられる。

大きなおなかをしたカマキリは産卵に向けてもう少し栄養を蓄えたいだろうし、成虫で越冬するツチイナゴもまだまだエサが必要だろう。

などと思うと、シソも含め残ったわずかな草もそのままにしておこうかなと仏心がよぎる。

畑に緑がなくなれば別の場所に移動するだろうが、せっかくここで生きていこうと決めた場所、最期まで虫たちの安住の地として残しておこう。今日はなんだか"善人"になった気分だ。

▶PDF版をダウンロードする inocchifarm124.pdf

inocchifarm124.png


20年09月30日 投稿者:イノッチ コメント(0) 
コメント投稿

TOP