総合トップ > わたしたちについて > スタッフブログ > 自然を楽しむ・自然から学ぶ > イノッチのシェアリングネイチャー No.152-96〈高尾山で"森の美術館"〉(2021.4.7)

コメント一覧






スタッフブログ
イノッチのシェアリングネイチャー No.152-96〈高尾山で"森の美術館"〉(2021.4.7)

イノッチのシェアリングネイチャー NO152-96

2021.4.7 〈高尾山で"森の美術館"〉

高尾山でネイチャーゲームの〈森の美術館〉をやってみた。開通したばかりの6号路をノンビリ歩きながら、何かピピッとときめいたものがあったらフレームを置きしばし観賞する。写真を撮ったらまた次の"ピピッ"を探す。ピピッが次々にあってなかなか先に進まない。

この時期はいろんな花があって目移りしてしまうが、ときめかせるのは花ばかりではない。黄色い山吹の花弁がシャガの葉に落ちていたり、桜の花びらが川面に浮かんでいたりと、ステキなものがいくらでもあり、山頂までは通常の2倍以上の時間がかかってしまった。

こんなにじっくり周りの自然を見ながら高尾山に登ったのは初めて。心静かに周りを見渡せば、"良きもの"は向こうからやってくるのだ。

All good things come from stillness (Joseph Cornell) 慌てず急がずゆっくり歩こう!

▶PDF版をダウンロードする 2021.4.7 NO152-96 高尾山で"森の美術館".pdf

スクリーンショット 2021-04-08 14.12.07.png


21年04月07日 投稿者:イノッチ コメント(2) 
コメント(2)

イノッチさん、森の美術館、ステキですね
これ、やり始めたら、なかなか前に進めなく
なるの分かります。自分一人でやってみるのも
有りですね!

|2021年04月09日|投稿者:岩井隆子|

岩井さんコメントありがとうございます。美術館の写真は何十枚も撮りました。次々に枠に入れたいものが見つかって、ホントに先に進めないです。仲間と登山しながらやったらきっともっと楽しいでしょうね。

|2021年04月12日|投稿者:イノッチ|
コメント投稿

TOP