総合トップ > わたしたちについて > スタッフブログ > 自然を楽しむ・自然から学ぶ > イノッチのシェアリングネイチャー No.152-101〈旅立ちの時〉(2021.4.12)

コメント一覧






スタッフブログ
イノッチのシェアリングネイチャー No.152-101〈旅立ちの時〉(2021.4.12)

イノッチファームでシェアリングネイチャー NO152-101

〈旅立ちの時

タンポポの綿毛が今まさに旅立とうとしている。どこに向かうか、どこに落ちるか風任 せ運任せ。条件が揃っていれば発芽して新天地で仲間を増やせるが、そうでなければそこで終わり。1本の茎から何十何百のタネが綿毛の落下傘に運ばれて旅をする。

工藤直子さんの「のはらうたⅢ」の なかにこんな詩があった。

ねがいごと   たんぽぽはるか

あいたくて あいたくて あいたくて あいたくて・・・

きょうも わたげを とばします

誰かに、何かに会いたくて綿毛を飛ばす"たんぽぽはるか"さん。ねがいごとが叶うかどうかは風次第。それでも一つ一つの綿毛に会いたい願いを託して飛ばし続ける。

自分もふーっと息を吹きかけて綿毛を飛ばしてみた。会いたい人に会えるように・・・。

▶PDF版をダウンロードする 2021.4.12 NO152-101 旅立ちの時.pdf

スクリーンショット 2021-04-13 15.37.04.png


21年04月13日 投稿者:イノッチ コメント(1) 
コメント(1)

すごいいい内容だね

|2021年04月26日|投稿者:swjcdknwcpjjwe|
コメント投稿

TOP