総合トップ > わたしたちについて > スタッフブログ > 自然を楽しむ・自然から学ぶ > イノッチのシェアリングネイチャー No.152-149〈ズッキーニの収穫〉(2021.6.7)






スタッフブログ
イノッチのシェアリングネイチャー No.152-149〈ズッキーニの収穫〉(2021.6.7)

イノッチファームでシェアリングネイチャー NO152-149

〈ズッキーニの収穫〉

防虫ネットをかけ、ウリハムシから完ぺきに防御したせいか、ズッキーニが収穫できるまでになった。今までは緑色のズッキーニだけを栽培していたが、去年山梨の道の駅で 黄色いズッキーニが売られていたのを見て、「よし、作ってみよう!」とタネを蒔いた。色、形、大きさはまるでバナナそっくり。少し、曲がっているのを1年生の孫に見せたら、"似てるけどバナナじゃないよね"と簡単に見抜かれてしまった。

ズッキーニは生長が早く、朝畑に行った時には、「まだ早いな」と思っていても、夕方帰る頃にはすっかり採り頃になっている。決して大げさではない。だから、2,3日畑に行かないともう手遅れ、丸太のようになったズッキーニがゴロンと寝転がっている。この黄色いズッキーニは果たしてどこまで大きくなるのか???。道の駅で売っていたのは、バナナよりも一回り小さかったような気がする。生長が早いので小さいうちから収穫してしまうのかもしれない。ネットをかけてないのでウリハムシが葉っぱにたかるが、これだけ大きくなればもう大丈夫だ。朝、散歩がてら畑に寄って人工受粉をする。こうすると確実に形のいいものができる。ズッキーニは油で軽く炒めチーズを乗せて溶かすだけの簡単料理が一番うまい。今月はズッキーニづくし、黄色は青物野菜に映えて食欲をそそる。

▶PDF版をダウンロードする 2021.6.4 NO152-149 ズッキーニの収穫.pdf

スクリーンショット 2021-06-08 8.20.54.png


21年06月07日 投稿者:イノッチ コメント(0) 
コメント投稿

TOP