総合トップ > わたしたちについて > スタッフブログ > 自然を楽しむ・自然から学ぶ > イノッチのシェアリングネイチャー No.152-173〈てのひらかいじゅう〉(2021.7.5)






スタッフブログ
イノッチのシェアリングネイチャー No.152-173〈てのひらかいじゅう〉(2021.7.5)

イノッチファームでシェアリングネイチャー NO152-173

〈てのひらかいじゅう〉

"てのひらかいじゅう"と言う子ども向けの本がある。手の平サイズのトカゲやカナヘビ、ヤモリはサイズこそ小さいがまるで怪獣そのもの、子どもに大人気だ。雨が上がりちょこっと日が差した時間に石の上でカナヘビが"ひなたぼっこ"をしていた。変温動物の彼らにとってこの晴れ間は貴重なのだろう。子ども達に見つかったらそれこそ災難、いつでも逃げられる準備が必要だ。隠れる場所も日向ぼっこする石も、何より餌となる小さな虫がたくさんいるので、この小さな怪獣たちは庭でよく見かける。時々孫の遊び相手にされるという受難も待ち受けているが、それでも個体数が多いので頻繁に目にする。怪獣の棲みかと餌の確保という名目で、伸び放題になった草はしばらくそのままにしておこう。

▶PDF版をダウンロードする 2021.7.5 NO152-173 てのひらかいじゅう.pdf

スクリーンショット 2021-07-06 15.33.23.png


21年07月05日 投稿者:イノッチ コメント(0) 
コメント投稿

TOP