総合トップ > わたしたちについて > スタッフブログ > 自然を楽しむ・自然から学ぶ

コメント一覧






スタッフブログ
自然を楽しむ・自然から学ぶの記事一覧

イノッチファームでシェアリングネイチャー NO93

〈畑のクモいろいろ〉

「横沢入り」の自然観察会でクモの"隠れ帯(カクレオビ)"を教えてもらったので、畑にもいないかと探してみた。

クモの巣の中央に白いギザギザや円形の模様がついているもので、いろんな形の隠れ帯があるらしい。

多分、今までも畑で見たことがあるはずだが、それと認識していなかった。

仕事の合間に探してみると、すぐに見つかった。"見つける"つもりで探せばけっこういるもんだ。

クモはまだ"クモ"としか分からず、種類までは判別できない。

観察会では、"トリノフンダマシ"などという面白い名前のクモも教えてもらった。

じっくり探せばまだまだいろんなクモが見つかるかもしれない。畑の楽しみがまた一つ増えた。

"クモ図鑑"買って早速調べてみよう。

▶PDF版をダウンロードする イノッチファームでシェアリングネイチャー№93.pdf

inocchifarm93.jpg


20年08月14日 投稿者:イノッチ コメント(0) 

おはようございます。利佳です。

昨夜の真夜中、日付は今日になっていたころ、外に出て夜空を見上げました。

ペルセウス座流星群がピークを迎えるということで、夜中のシェアリングネイチャーウェルネス!

夜の空気を<深呼吸>

35度を超える猛暑の昼間とは違って、風が優しく感じます。

夕方の雷雨の後の雲が薄く流れています。

夜空の雲はきれいなグレー色です。

綿菓子のような雲が過ぎると、チカチカと星が瞬いているのが見えます。

ここは周りが明るいから降るような星や天の川は見えないけれど、カシオペア座は分かりました。

その少し東側がペルセウス座です。

その辺りをジーッと見つめていました。

静かな夜です。

コオロギやスズムシの鳴き声が聞こえます。

季節は秋に向かっているのですね。

時々、寝ぼけたセミがジジッと鳴きます。

その時、スーッと流れ星!見えました!

ホワッと顔が緩みます。

夜空にはピカッピカッと飛行機も飛んでいました。

またスーーッと、今度は長く流れていきました。

この前流れ星を見たのは冬の北海道。

雪原での<夜は友だち>の時に一人で見た流れ星。

後でみんなも見ていたと知ってうれしかったのを覚えています。

宇宙には果てしないロマンが漂います。

限りない自然への畏敬の念を感じつつ、5個の流れ星を見て心穏やかに休みました。

。o 。。o 。。o 。。o 。。o 。。o 。。o 。。o 。。o 。。o 。

こんばんは!仙台のサリーです。


利佳ちゃん

ペルセウス座流星群のウェルネスの報告ありがとうございます。

私も、昨日(今日の未明?)の夜、星空を見上げていました。

仙台は昼間の暑さが嘘のように、夜は涼やかな風が吹き、

虫の音も秋の気配を感じさせます。

一つ一つの星の瞬きを見つめながら、「生命の流れ」をして、最後に深呼吸をすると、

星の流れを見ることができました。

利佳ちゃんの文章が私の体験に重なり、

一人で見上げた星空が、多くの人とのつながりを感じられ、とても嬉しくなりました。

神奈川と宮城、遠く離れていますが、星空は繋がっているのを実感しました。

今日もまだ、流星が見られるということなので、

今夜も星空を楽しみます!



<シェアリングネイチャーウェルネスについてはこちらから!>

  ▶【取り組み】シェアリングネイチャーウェルネス


20年08月13日 投稿者:きょ コメント(0) 

イノッチファームでシェアリングネイチャー NO92

〈二重の虹〉

雲行きが怪しくなってきたので、涼しくなるのを待たずに野菜を採りに行く。

畑に着いたとたんドンピシャのタイミングで土砂降りの雨!小屋の中でしばし雨宿り。

トタン屋根に当たる大粒の雨音が小屋中に響く。時折、"ゴロゴロ、ドッカーン!"とカミナリが合いの手を入れる。

せっかくなので1回こっきりの"雨粒とカミナリのジョイントコンサート"を楽しむ。

小降りになり日もさしてきたので外に出てみると・・・。なんとなんと東の空に虹がかかっている!

しかも二重の虹だ。畑で見たのは初めてかもしれない。内側と外側の虹の色は逆になる。自然界の粋な計らいだ。

夢中で写真を撮っていると外側の虹はいつの間にか消えてしまい一つだけ残った。

雨上がりのつかの間の贈り物、なんだか得した気分だ。

昨夜は、"ペルセウス座流星群"で流れ星をたくさん見た。

街の明かりが少ない山の上では一つ一つの星たちが"私はここよ"とその存在をアピールしている。

その星々の間をスーッと音もなく流れ一瞬の内に燃え尽きてしまう宇宙のチリ。

虹にしても流れ星にしてもその儚さ故に人は魅せられるのかもしれない。

コロナや熱中症で外出自粛は続くが、自然の営みはいつも身近に感じていたいと思う

▶PDF版をダウンロードする inocchifarm92.pdf

inocchifarm92.png


20年08月13日 投稿者:イノッチ コメント(0) 

おはようございます。利佳です。

暑い暑いといっても涼しくなるわけではないけれど、暑いです。

太陽がジリジリ背中を刺してきます。

歩きながら、ふと、この暑さ、以前にもどこかで感じた暑さだ、と感じました。

そうだ!サウナ!温泉のサウナ風呂の部屋に入っているときの肌をジワジワ押される暑さです。

だったら、今はサウナに入っていると思うと気持ちがよくなってきました。

歩きながらサウナに入れるなんて、楽しいな!

木陰に入るとっと、スーッと水風呂に入ったように体がしまっていきます。

そこでしばらく<呼吸数えのメディテーション>

浜辺に座っている光景を思い浮かべながら、しばらく瞑想をしました。

サウナに入ってすっきりするような、不思議な感覚を体験した朝でした。

本物の浜辺に行きたい!



<シェアリングネイチャーウェルネスについてはこちらから!>

  ▶【取り組み】シェアリングネイチャーウェルネス


20年08月12日 投稿者:きょ コメント(0) 

おはようございます。利佳です。

今朝の日の出は朝からギラギラと太陽が輝いていました。

セミも元気です。

庭に出ると意外と風が吹いていて、さわやかさを感じました。

風の力ってすごいですね。

<深呼吸>

毎日水をまかないと庭の草花がしおれてしまいます。

今朝も蚊と戯れながら、水まきをしました。

ユリの花がきれいだな、と目をやったとき、花に何かついていました。

セミの抜け殻です。いいところで羽化したのね。

花につかまってから空へ飛び立った姿を想像しました。

長い間土の中にいて、やっと外へ出てきた先がユリの花。

今頃はまた違う花に止まっているのかな。

セミを通して<生命の流れ>

ユリゼミはどこにいるのかな、とセミを身近に感じてしまいました。

200812SNW.JPG

<シェアリングネイチャーウェルネスについてはこちらから!>

  ▶【取り組み】シェアリングネイチャーウェルネス


20年08月11日 投稿者:きょ コメント(0) 

イノッチファームでシェアリングネイチャー NO91

〈朝の畑で〉

7時を過ぎていたが、"朝飯前"に畑に行く。
雨が降らないので野菜に水をやらないと枯れてしまう。
ナスとピーマンにタップリの水をやる。
トマトには敢えて水やりはしない。飢餓状態にして甘いトマトにするためだ。ごめんよ、トマトさん。
水やりを終えてふと周りを見渡すと、いろんな虫たちが目に留まる。
さしずめ朝食タイム、暑くなる前にエサにありつこうとしているのかもしれない。
こんなに小さい畑でも、草や花があれば虫たちにとっては格好の棲みかやえさ場になっている。
そんな虫たちに熱中症はないのだろうか?クーラーも扇風機もない真夏の畑、いくら草陰とはいえかなりのダメージを受けるに違いない。
が、指一本にも満たないような小さな虫がこんな猛暑の中易々と生き抜いている。その生命力や適応力は到底人間の及ぶところではない。恐れ入りました。

▶PDF版をダウンロードする イノッチファームでシェアリングネイチャー№91pdf

inocchifarm91.jpg


20年08月11日 投稿者:イノッチ コメント(0) 

おはようございます。利佳です。

「シャーシャーシャーシャーシャーシャー」

外に出て最初に聞いた音はクマゼミの大きな鳴き声でした。

今日も暑くなりそうです。

数年前に垣根沿いに蒔いたフウセンカズラのこぼれ種が、毎年数本芽を出してきます。

今年も小さな白い花を見つけました。

本当に小さくてかわいい花です。

葉っぱは黄緑色で柔らかく、涼しげに広がっています。

フェンスにつかまっている巻きひげを触ってみたら、予想外の硬さ。まるで針金のようにしっかり強く巻き付いていました。

葉の柔らかさと巻きひげの硬さ、可憐な小さい花。そして、もうすぐ、かわいい風船のような実をつけます。

一粒の種から、神秘的な変化をしていくフウセンカズラ。

<空と大地が私に触れた>

フウセンカズラが私に触れて、その神秘的な力をくれました。

200810SNW.JPG



<シェアリングネイチャーウェルネスについてはこちらから!>

  ▶【取り組み】シェアリングネイチャーウェルネス


20年08月10日 投稿者:きょ コメント(0) 

イノッチファームでシェアリングネイチャー NO90

〈早朝作業〉

早朝5時半、昨日の教訓を生かすべく畑に行く。すでに日は高く、今日も猛暑の予感。
さすがにこの時間はまだ26度で暑くはない。
生まれたての新鮮な空気を胸一杯に吸い込んで草取り作業開始。
日中の作業だと休み休みだが、この時間帯は作業がはかどる。
朝の2時間は日中の4時間に匹敵するので効率がいい。
お隣の栗畑はいつもきれいに草取りをしているので、せめて境だけでも草取りをしておきたい。
晴天が続くので、むしった草はすぐに枯れる。7月の梅雨時はむしった草がすぐに根を出してしまうのだが、この炎天下では1日で枯れるのでやりがいがある。
カボチャの中の草もとりたいのだが、下手に取ろうとすると葉や茎も傷めてしまうのでやめておく。
カボチャは、草の上に葉を広げしたたかに生活圏を広げているから草の中でも大丈夫だ。
むしった草は草マルチとして根際に敷いておく。
日よけにもなるし草が芽を出すのを防げる。枯れて分解すれば肥料にもなる。
草の中にいるクモやバッタ、コオロギを見ると除草剤は使えない、イヤ使わない。

▶PDF版をダウンロードする イノッチファームでシェアリングネイチャー№90pdf

inocchifarm90.jpg


20年08月10日 投稿者:イノッチ コメント(0) 

イノッチファームでシェアリングネイチャー NO89

〈カボチャができた!〉

今年初めてタネを蒔いた白いカボチャ、"雪化粧"(商品名)が実をつけた。
タネから育て、苗として植えた 8 本のうち 3 本は"ウリハムシ"の攻撃に会い、あえなく枯れてしまった。
残った5本の苗に、今のところ5個のカボチャが生っている。収
穫できるまであと1~2週間ぐらいか?それまでに今度はカラスやハクビシンなどから守らなくてはならない。今でも"ウリハムシ"は葉っぱに群がり、穴だらけにしている。
幼苗のころは、毎日ウリハムシとの戦いで、コンパニオンプランツとしてマリーゴールドやネギを植えたがほとんど効果なし。虫取り網で直接捕獲するのが一番効果的だった。
だが、捕っても捕っても次々にどこからともなく現れて葉っぱを食い荒らす。しかし、食われても食われても負けずにどんどん蔓を伸ばし、葉を広げてとうとうここまで来た。大した生命力だ。
熟してタネさえ作れば、もうカボチャとしての役目は終わり。
人に食べられようが動物に食べられようが、お構いなし。
むしろ食べてもらって、タネをまき散らしてもらえば本望!お初をお盆様にお供えしてからいただこう。どんな味か楽しみ楽しみ。

▶PDF版をダウンロードする イノッチファームでシェアリングネイチャー№89.pdf

iifarm89.jpg


20年08月09日 投稿者:イノッチ コメント(0) 

横浜の とがりぃ です。

先日の満月の夜の話です。

あまりの美しさに誰かとシェアしたくなり

何人かの友達に写真と共にラインしました。

すぐにベランダにでたり、庭に出たりしてくれたようで

きれいだね。と返ってきました。

同じ時間に同じ美しい月を遠方の友も見上げている。

月を通して友達と繋がっているようで・・。

その瞬間がたまらなくうれしく感じました。

 〈空と大地が私に触れた〉

満月の清らかさから力をもらいました。

。o 。。o 。。o 。。o 。。o 。。o 。。o 。。o 。。o 。。o 。

仙台のサリーです。

梅雨が明けたと思ったら、連日、雨が続いていました。

本来なら仙台七夕期間(新型コロナの影響で今年は中止です)、

仙台七夕には雨が降ると言われていますが、

今年も七夕に雨が降りました。

今日の午後にやっと雨が上がり、

夕日が空の雲を赤く染め、光の帯が空にたなびきました。

雲見をして夕日を楽しみました。


明日は、久しぶりに太陽が顔を出しそうです。

200809SNW.jpg


<シェアリングネイチャーウェルネスについてはこちらから!>

  ▶【取り組み】シェアリングネイチャーウェルネス


20年08月09日 投稿者:きょ コメント(0) 

TOP