総合トップ > わたしたちについて > スタッフブログ > スタッフのつぶやき

コメント一覧






スタッフブログ
スタッフのつぶやきの記事一覧

先月、当協会の会員になられて20年を迎えた方に、「20周年記念バッチ」を送付しました。

すると、会員さんよりこんな嬉しいお便りを頂きましたので、ご紹介します。

***************

20年前にぷらりと出かけたネイチャーゲームのイベントでした。

すぐに飛び込んだこの世界は

私の生き方をすっぽり包み込んでくれました。

たくさんの人との出会い、そしてたくさんの自然との出会いは

私の生活を豊かにしてくれました。

自然界には「不思議」が満ち溢れていて

好奇心が募ります!!

withコロナの生活ですが周りの自然に癒やされます。

深い緑の中に入り、色とりどりの草花に出会い、小さな命にも。

きのうはカナヘビの昼寝にも(^^)

(追伸)4・5月にはラインでつながった7人でこんなことをやりましたよ。

仲間の名前は「はちどり」としました。

先ず1人がお題を出します。例えば「ハート」。

各自、自然界の「ハート」を捜してアップしてコメント。

それについて感想等あれば追加OK。

一段落しましたら他の人が次のお題へ。

「ふわふわ」「ちくちく」「にょろにょろ」「ミッキー」「固いもの」etc.

参加者のコメントもおもしろい!!

驚いたり、笑ったり、感心したり・・・・

普段の散歩やウォーキングがカメラ片手にキョロキョロ(^^)

キョロキョロしている間にこれまたいろんな発見があって、

それはそれは楽しい2ヶ月でした!!

****************


20年07月03日 投稿者:とよちゃん コメント(2) 

(当協会の)オンラインイベント(zoomの場合)にはじめて参加される方へのご案内です。

●zoomとは?

インターネット使ってオンラインで集まって
お話をしたり、講師の話を聞いたりできます。


●さっそく動作確認してみよう

[パソコンの場合]
 下記のリンクをクリックするとアプリ(ソフト)のインストールがはじまります。
 (詳細は「パソコンで参加する方法(詳細)」をご覧ください)

[スマホ・タブレットの場合]
 動作確認の前にアプリのインストールが必要です。
 (詳細は「スマホ・タブレットで参加する方法(詳細)」をご覧ください)

動作確認はこちらから

 ZOOMテストサイト
 ▶ https://zoom.us/test
  (zoomの公式ページへのリンクです)




●パソコンで参加する方法(詳細)

https://zoomy.info/zoom_perfect_manual/joining/join_with_pc_by_click_url/
 (zoomアカデミージャパン様のページへのリンクです)


 <カメラとマイクについて>

  ・相互やりとりがあるセミナーの場合、カメラ、マイクの購入が別途必要な場合があります。
   「カメラ」「マイク」なしでも「聞くだけ参加」可能です。
  ・パソコンのスピーカーでは音が小さい場合には、イヤホンを使用するなどしてください


●スマホ・タブレットで参加する方法(詳細)

https://zoomy.info/zoom_perfect_manual/joining/with_smartphone/
 (zoomアカデミージャパン様のページへのリンクです)


20年06月16日 投稿者:よいしょ コメント(2) 

皆さん こんにちは。

豊国です。

先々週、地元の図書館が再開し、早速気になっていた本を色々と借りてきました。

こんな日常がなんとありがたいことか!失って改めて気が付きました^^;

さて、早速ですが、そんな本の紹介をしたいと思います。

IMG_20200608_154625.jpg

これです!!「プラスチック・フリー生活」!!

面白かった!

この本を読んで、ぜひ一人でも多くの皆さんに「プラスチック・フリー生活」を目指し始めて頂けたら嬉しいです^^

詳しい知識が無くても、とても分かりやすく、読みやすく、プラスチックを使うことの危険性や害について解説してくれています。

かと言って「なにがなんでもプラスチックはダメ!」と言うのではなく、

◆その危険性や性質について正しく認識した上で、適切な使用をすること。

◆社会全体で、「プラスチックがリサイクルやリユースによって再び経済の中に入り込む『循環型経済』」を目指すこと。

なども訴えています。



しかし、私たちがこのまま何もせずにプラスチックを使い捨て続ければ、

「2050年には海中に、魚よりもプラスチックの方が多くなる可能性」が指摘されています。

そんな訳で、少しづつでもプラスチックの使用を減らしていくことこそが大事です!



私がしている「脱プラスチック」生活

1.エコバッグ・マイボトルを持参する(→レジ袋、ペットボトルの使用を削減できます)

2.蜜蝋ラップ、琺瑯やガラスの容器使って食品保存する(→使い捨ての食品ラップはほぼ使っていません)

3.ステンレスや木、鉄など、自然素材でできた製品をなるべく選ぶ(→鉄のフライパンや、ステンレスや木の調理器具、竹から作られた歯ブラシなど使ってます)

4.プラスチックゴミがたくさん出るお惣菜やコンビニ弁当などはなるべく買わない(→極力、自炊!!)

5.化学繊維の洋服をなるべく避ける(→化学繊維の洋服は、洗濯の度にマイクロプラスチックが発生する他にも、その製造過程でたくさんの化学物質が添加されており、経皮毒として体内に吸収される可能性も指摘されています)

6.使い捨てのプラスチック製品は極力避ける

(→ホテルのアメニティや、使い捨てのコップやフォーク、ストローなど使いません)



どうでしょうか?

これぐらいなら、なにか1つや2つはできそうなことありませんか?



プラスチックを100%なくすのは無理だなって思います。

携帯やパソコンは手放せないし、

やっぱり便利だし、どうしてもコンビニのアイス食べたい!!ってなって、買ってしまったり。

でも、できるところからやってみませんか?

2020-06-05-17-18-31-453.jpg

手作りのクッキーは、蜜蝋ラップに包んで保存。見た目も可愛い★



私にとって「エコな暮らし」というのは、「堅苦しい、我慢の生活」ではなくて、

むしろ「自分の暮らしを丁寧にする、楽しい生活」です。

さぁ、あなたも楽しく、地球に優しい暮らしを始めてみませんか!?


20年06月11日 投稿者:とよちゃん コメント(0) 

皆さん、こんにちは。豊国です。

4月も気が付けば、半分が過ぎましたね。

通勤がなくなり、休日も不要不急の外出は控えよ、、、ということになると、自宅にいる時間が本当に長くなりました!

...ということは、これは自宅で種まき・育苗のチャンスです!



私は、自給的な生活に憧れがあり、ちょこちょこ野菜を作っているのですが、なかなか普段の生活では、そこに集中し切れません。



昨年は苗から植えた色々な野菜も、今年は種から育てて、苗作りも自分でしたいと思っていたところなのです!

今年は春分の日に、トマト・ナス・ピーマンの種まきをしました。これらの夏野菜は、ある程度温度がないと発芽してくれません。

2020-04-01-16-00-40-641.jpg

それでも比較的寒さに強いトマトは、種まきから一週間程度で発芽してきました。

ナス・ピーマンはシーン・・・。きちんと発芽させたいなら保温してあげるべきだけど、道具が足りなかったりで、結局何もせずに今日まで放置。(ごめん。)

でも昨日、ナスから発芽を確認しました!気温が少し上がってきたおかげで、約3週間の沈黙を破り、自力で発芽してきたのです!



しかし私も放置していたとはいえ、何もしなかったわけではないのです。

始めて「ポケット催芽」に挑戦しました。

DSC_0757.JPG

濡らしたペーパーに包んだ種を、ジップロックに入れて、それをポケットで保温し、発芽を促す手法。種から根が出てきたら、即刻種まきします。そうすることで発芽までに温度が必要なナス・ピーマンの発芽が容易になるのです。

一日中、ポケットに種を入れて持ち歩き、夜も一緒の布団で寝ました。(笑)

そうすること早4日目にして、根が出てきていることを確認。即刻、ポットに種まきしました。

2020-04-15-09-27-27-782.jpg

ここまで手をかけると、苗が可愛くて仕方ない。これからの成長が楽しみです。

2020-04-15-15-18-18-271.jpg


20年04月16日 投稿者:とよちゃん コメント(0) 

最近SDGsのバッチをつけている人をよく見かけるようになった。
新たなコロナ感染者の発表をする自治体の方々も、
結構胸につけてたりする。
どこまでSDGsを理解しているのかはわからないが、
こういうスタイルで何かに賛同している姿勢を示すことは
悪くないと思う。

たとえそれが免罪符的な意味で付けられていたとしても、
この時代、それが免罪符として機能することはないし、
多くの人の目に触れる場所で、
世界が一丸となって進めているこの運動について、
少しでも宣伝してくれていると思えば、
ありがたいなぁとさえ思えてくる。

SDGsへの具体的なアクションとして
私たちができることはたくさんあるけれど、
まずは、小さなバッチをつけるだけの
小さなアクションからはじめてみるのも
いいのかもしれない。

公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会では、
自然体験活動であるネイチャーゲームを活かした
SDGsへの取り組みを行っている。

新型コロナウイルスの感染拡大による閉塞感に
一筋の光ともなっている
ハッピーラッキーネイチャープロジェクトも、

3.11以降、仲間たちの想いを被災地に届けてきた
お茶っこ広場も、

「誰一人取り残さない」というSDGsと共通する、
全国の仲間たちの想いからはじまっている。

現在、SDGsへの取組みの一環として、
活動を応援してくれる寄付をくれた方には

オリジナルのSDGsバッチを差し上げています。

ぜひ私たちの活動を応援してほしい

多くの方の応援が
いずれ大きな結果につながることを願いつつ

事務局長 渡辺峰夫

SDGSkaban.jpeg


20年03月11日 投稿者:なべ コメント(0) 

こんにちは
山田です。

毎日のお楽しみの一つに、夜のハーブティータイムがあります。
ハーブにはいろ〜〜〜〜〜んな種類があり、形、色、手触り、香りもさまざまです。
そんな個性豊かなハーブをその日の気分、直観で選びます。

華やかなハーブティーが飲みたいと思ったらお花系のハーブたちを。
つぶつぶ系の形で統一してみようかなとか、
気になる体調の変化があれば効能で。

ハーブティータイムの時は、
ハーブとがっつり向き合いたいため、テレビなどの人工音は消しています。
その日、選んだハーブたちはお皿などに入れ、手で優しく触れて混ぜてから
そーっとカップへ。
ハーブにお湯を入れるとカップの中でハーブたちが踊ります。
ぷかぷか浮かんでいるハーブたち、可愛い。。。
飲む前にスーッと深呼吸、優しいハーブの香りが身体の中へ染み渡ります。。。

画像は、昨夜選んだハーブたち。
赤→ローズヒップ
緑→ネトル
黄色→エルダーフラワー
花粉症か?最近鼻がムズムズしているので、効能重視でこのブレンドにしました。
エルダーフラワーはマスカットに似た味わいで飲みやすく、小さいお子さんにもオススメです!
Let's have a happy lucky nature time!

DSC_0149.JPG


20年03月10日 投稿者:さとちゃん コメント(0) 

こんにちは、よいしょです。
みなさん、今日もハッピーラッキーネイチャーしてますか?

先週末、ネイチャーゲームの仲間である、
遊心のフジコちゃんから「今晩からはじめるよ!」と電話。
そのウェブ会議を受けて、そこから一気に進めていきまして、
なんと昨日、FMひがしくるめさんにラジオでご紹介いただくほどとなりました、
「ハッピーラッキーネイチャープロジェクト」。


happyslide.png
ネイチャーゲームの特徴に「いつでもどこでも」というものがあります。

「活動」ありきではなく、「フィールド・対象・天候・季節などなど」ありき、
というのがネイチャーゲームの大切な考え方です。



・大きな公園に行けないときは、身近な場所でいい。

・たくさんの友だちと遊べないときは、家族と一緒に過ごしすのもいいし、一人で楽しめることもある。

・手と手がふれあう活動が心配なときは、工夫したらいいし、活動を変えたっていい。

・感染症が心配なときは、心配が少しでも少ないところで、少しでも心配が少なくなるように工夫して、少しでも安全と安心を大きくして、できることをしたらいい。



いま、ここで、できる自然遊びで、人と自然をむすんでいく。
それがネイチャーゲーム、それがシェアリングネイチャーのスタイルです。

不自然な現状に対して不安をやストレスを感じている子どもたちたちと、その周りの大人のみなさんに、ほんのひとときでも「ホッ」とできるときを届けられれば、そして、ご自身の周りでハッピーラッキーネイチャーを見つけるきっかけを届けられたらと思っています。


この一週間で、#ハッピーラッキーネイチャーの輪がどんどん広がり、たくさんの素敵な写真や動画がSNS上に流れるようになりました。
そしてその輪は一日一日と広がっています。


新型コロナウイルスの感染防止強化期間として示された当面の期限である3/15頃までに、この事態がおさまるのかどうかはわかりません。長期化するのでは?という報道も見聞きします。

ではどうするか。
できることをやりましょう。

たとえば、ハッピーラッキーネイチャーをみつけてみてほしいんです。
玄関先の木々、ベランダからの景色、プランターの植物、流れる雲、時折強く吹く風、どこからともなく飛んできた小さな虫、そしていま花開かんとする桜・・・。
身近な自然に目を、耳を、鼻を・・・五感を向けてみてください。
きっと「ホッ」とする出会いが待っています。
その瞬間、きっと不安やストレスから解き放たれています。

子どもたちは身近な自然をめいっぱい楽しめる遊びの天才です。
そして昔、子どもだった人たちも、いまはちょっと忘れてるかもしれないですがかつてはその天才っぷりを発揮していたはずです。
さあ身近な自然にでかけましょう。


仲間からの受け売りですが、「愛言葉はハッピーラッキーネイチャーしてる?」。
この不自然な日々が一日も早くおさまり、いつもの日常が戻ってきますように。


ハッピーラッキーネイチャープロジェクトについては、左のカテゴリ、またはこちらから。
https://www.naturegame.or.jp/about_us/staff_blog/



20年03月06日 投稿者:よいしょ コメント(0) 

皆さんこんにちは。豊国です。

コロナウイルスのニュースが連日、世間を騒がせていますね。

私は、自分の免疫力を高めることで対抗(?)したいなと思っています。

基本的な手洗い・うがいに加えて、十分な睡眠、適度な運動、瞑想、健康的な食事を心がけています!(なるべく、ですが...)

あまりパニックになったり、過度に怯えることなく、心身ともに健やかでいれば感染しない!・・・はずです。

さて、少し前の話ですが、2月9日に栃木県でのボランティア活動に参加し、去年の台風19号によって被災した農地の復旧作業に関わってきました。

DSC_0640.JPG

この場所は、近くの河川が氾濫し、かなり高い場所まで水に浸かりました。

電柱に引っかかったままになっている藁の高さがそれを物語ります。

taifuu.JPG

そして水が引いた後も、農地には、流れてきたゴミが一面に散らばっています。

この日は、この農地のゴミ拾いと、民家の裏などに散らばった藁の撤去をしました!

参加しているボランティアは全部で10名ほどいました。近隣から参加している人もいれば、レギュラーで何回も参加している人もいるようです!

私は、といえば、台風19号の被害に未だ苦しむ人がいるのに、自分はすっかりそれを忘れていたなぁと反省。

DSC_0638.JPG

広い農地でゴミ拾い。その殆どが、お菓子の空き袋やら、ペットボトルやら、プラゴミです。

これらは分解されることなく、ずっと土に残ってしまいます。

プラスチックを作った人も、使った人も、その時には何の悪意もなかったはずだけれど、一度災害などの不測の事態が起きると、収拾のつかないことになってしまうのだなぁと思います。

SDGsの17ゴールの1つ、「つくる責任、つかう責任」の言葉の意味が、目の前の状況と合わさってひしひしと伝わります。

DSC_0639.JPG

そしてゴミ拾いをしながら、ふと(あ、これ、リアル〈カモフラージュ〉じゃん。)と。

もしかして、ネイチャーゲームとボランティア活動もなにかコラボレーションできそうだな・・・そんなことを思いつつ、作業しました。

最終的にはゴミ袋10袋以上のゴミを回収することができました!

私は今回、NPO法人トチギ環境未来基地https://www.tochigi-cc.org/)さんのボランティア活動に参加してきました。

3月いっぱいまだボランティアを募集しているようなので、お時間のある方はぜひ、現地へ行ってみてください。


20年02月26日 投稿者:とよちゃん コメント(0) 

なべです。
昨日は日本シェアリングネイチャー協会の理事会があり、
来年度の事業計画や予算が無事に承認されました。

さて、理事会後に居酒屋で軽く食事をとり、
それでもかなり時間が早かったので、
最後までいた人を連れて、
坊主バーに行ってきました。

ここは現職のお坊さん(イケメン)がやっているバーで、
カウンター横に仏壇があったり、
天井にはお客さんが一文字ずつ書いた般若心経がびっしり貼ってあったり、
かなりディープな空間となっています。

IMG_1696.jpeg早速仏壇にお線香をあげるN理事


せっかくだから、全員違うものを頼もうということになり、
それぞれ違うカクテルを注文
IMG_1697.jpeg
写真左から順番に
私なべのが 寂聴
次が 灼熱地獄(辛いカクテルなので、優しめの辛さでオーダー)
次が 愛欲地獄
次が 西行
最後が 極楽浄土

IMG_1701.jpeg

どんな味なのか飲み比べ
それぞれのカクテル名がなんとなく感じられる深い味わいでしたよ

IMG_1705.jpegそして、しばらくすると、お店にいるお客全員に般若心経のペーパーが配られ、全員で読経タイム!
しばし、みんなで真剣に読経する不思議な時間ですが、集中してお経を読んでいると、
だんだん心がしっとりと落ち着いてくる感じがして、なかなか面白い。

お経の意味もやさしく教えてくれました。

ちなみにここのお坊さんたち、特定の宗派というわけではなく、
いろいろな宗派の方が働いているとのこと。
そして、月に1回は牧師バーなるものもやっているそうなので、
興味のある方はぜひ!


20年01月31日 投稿者:なべ コメント(0) 

なべです。

今年の6月に秋田で開催される
全国ネイチャーゲーム研究大会の
魅力を
ちびちび小出しにお伝えしています

昨年7月に本研究大会の下見に行き、
ワークショップのフィールドとなる
ブナの森を歩かせてもらいました

何重もの葉っぱで敷き詰められた
フカフカの足元を味わいながら
ゆっくりと森の中を歩きました

やわらかな光を纏い
凛とした気品を持って
静かに迎え入れてくれたブナの森

buna.jpeg


時おり吹く風で
森全体が揺れると
歓迎の音楽を奏でてくれているようで
なんとも言い難い
心地良い時間が流れていました

ふと足元を見ると
カエルくんを発見
周囲の葉っぱに溶け込んで
見えていないつもりなのかな?

kaeruhiki.jpeg

かなり近づいても微動だにせず
その堂々とした姿は
ブナの森に居を構えた
「王様」に見えました

kaeruappu.jpeg

あぁこの子の頭に小さな王冠を乗せたい!
さらに許されるなら、赤いマントをかぶせたい!
って、ジリジリ思いながら
しばし、カエルの王様との
妄想の世界を楽しみました

はぁ〜
楽しかった

さてさて、全国ネイチャーゲーム研究大会in秋田
現在申込112名となりました。

残席わずかです。
キャンセル待ちになっちゃう前に、ぜひお申込みくださいね。
周りに参加を検討している方がいらっしゃいましたら、
ぜひ、早めに申し込むようにお声がけお願いします。

全国ネイチャーゲーム研究大会のお申込みはコチラから
https://www.naturegame.or.jp/know/p_event/akita/004639.html


このブログのタイトルはアナグラムです。
読み解いてみてね。


20年01月22日 投稿者:なべ コメント(2) 
 

TOP