総合トップ > わたしたちについて > スタッフブログ > 旬のおたより > ダンスとネイチャーゲーム

コメント一覧






スタッフブログ
ダンスとネイチャーゲーム

ちゃっきーです。秋の連休が終わりましたね。みなさん連休疲れしていませんか?

さて、少し前のことですが…インストラクター仲間の早川宏美さんが舞踊家の佐藤道代さん(イサドラ・ダンカン国際学校日本)とユニットを組んで「はなとむしとダンスのワークショップ」を開催すると聞き、5歳の息子と参加してきました。

DSC_0260.jpg

午前…新宿御苑。早川さんによるネイチャーゲーム。〈同じものをみつけよう〉〈フィールドパターン〉など自然観察もまじえて、虫たちやお花に目を向ける楽しいプログラム。子どものペースに合わせてのんびり過ごす。セミの目と目の間にもう一つ「目」があると知り「すごー」と感心する息子(私も)。

午後…津田ホールに移動。舞踊家の佐藤道代さんのもと、午前に見た虫やお花になりきり舞う。ダンスの心得がまったくないのにも関わらず…佐藤先生の雰囲気にのって「自由に、思うがまま」セミやバッタ、ダンゴムシ、カラスウリの花になって体を動かす。息子は彼なりに虫に「なりきり」楽しんで参加。

 

ネイチャーゲームとダンスの組み合わせ、とっても素敵だと感激しました。それというのも、「ネイチャーゲーム」と「イサドラ・ダンカン」の思想が根っこで一緒で「人間は自然の一部である」というところなのかなぁと…。自然で遊んで、ダンスで表現。とても質が高く、心地がいいプログラムでした。早川さん、佐藤道代さんがとても伸びやかで素敵だったなぁ。

イサドラ・ダンカン国際学校日本

佐藤道代さんオフィシャルサイト

早川広美さん「あおぞら自然共育舎」


15年09月24日 投稿者:ちゃっきー コメント(0) 
コメント投稿

TOP