コメント一覧






スタッフブログ
きねの子あたた

なべです。
今年の6月に秋田で開催される
全国ネイチャーゲーム研究大会の
魅力を
ちびちび小出しにお伝えしています。



2日目のワークショップには「わらび座」を
タイトルとしたコースがあるんですが、

「わらび座」って何??ってことで調べてみました。

わらび座とは

民族伝統をベースに、多彩な表現で現代の心を描く劇団です。

1951年2月 創立。民謡の宝庫と呼ばれる秋田県仙北市にホームベースを置き、

現在5つの公演グループで年間約1000回の公演を全国で行っています。

アメリカ、ヨーロッパ、アジア、ブラジルなど16カ国での海外公演も行なっています。



おぉ!
なんかすごい劇団みたいです。


秋田のスタッフから送られてきた参加要項に記載する紹介文章には


乳頭温泉郷のブナの森をゆっくり散策した後、

日本の伝統芸能を重んじ、
民舞やミュージカルなどを得意とするわらび座へ。

役者体験などを通して、
あなたのネイチャーゲーム指導も表現力アップすることまちがいなし!
とのこと

なんとブナ森の散策や温泉もコースに含まれてて、

おまけにネイチャーゲーム指導の表現力アップって、

なんとよくばりなコースなんでしょ!



気になる体力度(そのコースの必要体力を★1つから3つで表現)も

★ひとつなので、安心して参加できますよ。



気になった方はぜひ!



で、わらび座なのでわらびの写真を載せたかったのだが、

手元になかった。
なので、かわりに
秋田の下見に行った時にブナの森で撮った怪しげなこやつを載せておく。

happa.jpeg
毎日、申込みの連絡が届いています。
キャンセル待ちになっちゃう前に、ぜひお申込みくださいね

全国ネイチャーゲーム研究大会のお申込みはコチラから
https://www.naturegame.or.jp/know/p_event/akita/004639.html


このブログのタイトルはアナグラムです。
読み解いてね。


20年01月08日 投稿者:なべ コメント(1) 
コメント(1)

あの子タネ炊き!
この根あたきた!
叩きの小姉!
寝た子他の秋!
タコの姉来た!
北の猫たあ!
アタコのきたろう!
わからんっ!

|2020年01月08日|投稿者:小林浩一|
コメント投稿

TOP