TOP

情報誌シェアリングネイチャーライフ
  • 自然のパワーを充電したいと海や山へ出かける計画を立てること、誰にもあると思います。
    けれども、自然はどこにでもあり常に私たちの周りで動いている...というのは、三宮麻由子さん。
    目を閉じて耳をすませば、風が奏でる音や、鳥や虫の声がここにいるよ...と伝えてきます。

  • 人間もまた自然の一部である――という世界観をもつネイティブアメリカンの伝統文化は現在の環境教育に多くの影響を与えました。
    日本で彼らの伝統儀式を用いて教育活動を行う松木正さんはそのなかでも、彼らがいちばん大切に育ててきた心のあり方〝自己肯定感を育むこと〟を伝えたいと話します。

  • 丸太をくりぬいたカヌーで海図もコンパスなどの近代計器もいっさい使わず星や太陽、風や波などの自然を読み大海原を自由に行き来していたハワイの、ポリネシアの、伝統航海術。
    復元された双胴型伝統航海カヌー『ホクレア号』がその技法で、世界一周を成し遂げました。

  • 「幼児期の自然体験は今後さらに重要度を増す」
    2017年11月、東京渋谷で開かれた『森のようちえん全国交流フォーラム』の基調講演よりその意味をお伝えします。