TOP

情報誌シェアリングネイチャーライフ
  • 青い空と、緑の草木、道端の草花...目の前に広がる風景をトリやイヌやネコも、同じように見ている。

    つい、そう思って暮らしていませんか。

  • 独立して存在するように見えるものも自然界は多様な「共生」で成り立っています。そこで大きな役割を果たしているのが小さい小さい菌の存在です。

  • 30周年記念行事の一環として東京・大手町で行われた文化人類学者の竹村真一氏と、ジョセフ・コーネル氏の対談。

    竹村氏のネイチャーゲームに対する思いを中心にご紹介します。

  • 大切に育てている庭の樹木でない限りある場所の「決まった木」を意識的に見続けることは、意外と少ない。

    それゆえに、繰り返し見続けたとき感じることは、想像以上に多いように思えます。

    北の大地に根を下ろした1本の木の四季を撮った写真絵本『はるにれ』に惹かれ日本の森林をテーマに写真を撮り続ける写真家・姉崎一馬さんにお話を伺いました。

  • 現代社会では不潔なもの恥ずかしいものとして、人目に晒さず葬ろうとされがちな、うんこ。ところが...自然界ではうんこは宝!!

  • 京都・嵯峨嵐山の古刹(こさつ)、祇王寺(ぎおうじ)。

    その庭を手がけて12年になるという武藤重信(むとうしげのぶ)さんは〝見えないものを見て美しいと感じる心〟こそが日本人独特の感性なのだと話します。

    長年、多くの人の手で守り継がれた寺の庭と向かい合うなかで感じた〝自然観〟を、春の祇王寺を訪ねてお聞きしました。

  • 今、自然はどんな状況に置かれ、どんな視点を持てば、人と自然の共生につなげられるか。

    この前提を知ることは、ネイチャーゲーム〈動物の弁護士〉を実践するうえでとても大切です。

    日本自然保護協会で、長く日本の自然保護の最前線に立ち、森や川をはじめ、日本の生態系を守るため活動してきた横山隆一さんのお話から考えます。

  • 富士見坂、桜坂、いろは坂、男坂、女坂...。日本には大小さまざま、いろいろな名前が付けられた坂が点在する。平坦に見える首都・東京にも、坂はじつに多い。それは、水によって削られた地形の上にできた街だから...。今は見えなくなった、その水の跡を古地図を見てたどると大地のうねりが、川のせせらぎが、聴こえてきます。

  • 2013年6月。第37回世界遺産委員会で富士山が世界遺産に登録されました。

    190の加盟国の代表は、富士山の何を評価し「人類共通の財産」と認定したのでしょうか。

    そして、『世界遺産』に登録されるという真の意味は...。

    日本自然保護協会の吉田正人さんにうかがいました。

  • 神奈川県相模原市。都心から車で1時間あまり。住宅地と畑や雑木林が交差する、のどかさの残る地域。

    その一角に、井上満さんがネイチャーゲームリーダーたちに農業にまつわる講義と農作業の指導を行う「イノッチファーム」があります。

    そのみごとな収穫に惹かれ、畑の作業を見に行きました。

  • 欧米から日本に入ってきたアロマテラピーやハーブ療法。日常的に使っている人も年々多くなっているようです。けれど、日本ではまだ医療としての認識は低く健康的なライフスタイルの彩りと捉えている方も少なくない。

    ーーーと嘆くのは、グリーンフラスコ代表の林真一郎さん。そこで、〝医療としての可能性〞を伺ってきました。

  • 「パーマカルチャー」という言葉をご存知でしょうか?

    それは、1970年代にオーストラリアで生まれた暮らし全般にわたるエコロジカルデザインで人間にとって「持続可能な環境をつくり出す手法」のひとつ。

    「農」から語られることの多いこのパーマカルチャーを「住まい」を軸にご紹介します。

  • 森のなかにいくと人は癒される。

    それは木々が放つフィトンチットや酸素量、──というのが定説です。さらに音の効果があると、ご存知ですか?

  • 米処・新潟、信濃川と渋海川(しぶみがわ)に育まれた越後平野の南西部その地で190年程前から造り続けられる〝地酒〟。

    自然の延長線上でつくられる――そういわれる日本の酒造りのなかに脈々と流れる〝造り手の自然感〟に触れてみたくて仕込みが終盤を迎えた春、長岡市越路を訪ねました。

  • 誰もが手を出さなかった300畳以上に枝葉を広げたフジの古木の移植。

    それをやり遂げ、古木に新たな居場所を与えたことで知られる樹木医・塚本こなみさん。

    数百年、千年という命を扱う毎日のなかで感じた〝自然の形〟を知りたくて、塚本さんを訪ねてみました

  • 自然体験に「五感」を積極的に使うことそれは、ネイチャーゲームのひとつの大きな特徴です。五感を通してからだ全体で自然を感じとることにより「自然」との一体感を得、共感へとつなげます。そして、さらにこの「五感」にはもうひとつ、見落とされがちな大切な効果もありました

  • サンフランシスコから内陸部に向かって車で4時間弱

    ネバタ山脈の中腹に位置するアナンダ村。

    西洋のヨガの父、ヨガナンダの思い描いた自然と共生する暮らし。

    野菜のおいしさ、朝日と星の美しさ...

    野生動物の気配を、大地の息吹を聴いて過ごす日常。

    心と身体が、ゆっくりと大地に還っていく。

  • 国際化が進み、世界各国の人びととの交流が進む現在

    世界共通の「カレンダー」は欠かせないものとなっています。

    ただし、世界を見回すと、その地の風土と歴史が刻まれた独自の「暦」が、今も使われているところは少なくありません。

    日本でも明治のはじめまでは、風土に添った独自の暦が使われ人びとの暮らしの〝道しるべ〞とされていました。

  • 古くから修験道場として多くの山伏たちが修行をした長野県、戸隠村。

    比叡山、高野山と並ぶ霊山として多くの人の信仰を集めてきた場所です。

    そしてまたここは、『ネイチャーゲーム自然学校』が10年以上開かれた、協会とゆかり深い場所でもあります。

  • 「うんこ」と聞くと、多くの大人は顔をしかめます。

    子どもたちはみんな、この言葉が大好きなのに...そんな思いを密かに抱え

    「うんこ」を汚いもの、不浄なものとする現代社会にひとり警鐘をならす、〝糞土師〟の伊沢正名さんに「うんこ」の魅力をたっぷりおうかがいしてみました。